ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 水産業 > 提供情報 > 漁業法第32条第2項の規定に基づき知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針

更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

漁業法第32条第2項の規定に基づき知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針

漁業法第32条第2項の規定に基づき知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針(早期是正措置)

 漁業法第32条第2項に基づき、知事は特定水産資源の漁獲可能量を超える恐れが大きい場合には、採捕をする者に対して必要な助言、指導又は勧告をすることができます。この早期是正措置に関する行政指導指針を定めましたので、以下のファイルをご参照ください。

 なお、本県では数量配分を受けているクロマグロのみが、早期是正措置の対象となります。

 

 漁業法第32条第2条の規定に基づき知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針(PDF:125KB)

 

 

このページに関するお問い合わせ先

環境農政局 農水産部水産課

環境農政局農水産部水産課へのお問い合わせフォーム

漁業調整・資源管理グループ

電話:045-210-4549

内線:4549

ファクシミリ:045-210-8853

このページの所管所属は環境農政局 農水産部水産課です。