ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 水産業 > 提供情報 > 神奈川県のクロマグロ資源管理について

更新日:2022年5月16日

ここから本文です。

神奈川県のクロマグロ資源管理について

神奈川県のクロマグロ漁業と遊漁について

神奈川県のクロマグロ資源管理の概要

 平成30年7月1日より、クロマグロが海洋生物資源の保存及び管理に関する法律(通称:TAC法)の対象となり、同法に基づく数量管理が行われることになりました。

 現在、神奈川県の漁業者が漁獲するクロマグロ(農林水産大臣が許可する漁業を除く)については、「漁業法」、「神奈川県資源管理方針」、「神奈川県特定水産資源の再保の停止に関する規則」「漁業法第32条第2項の規定に基づき知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針」及び「漁業法第16条第1項の規定に基づく知事管理漁獲可能量」の規定等に基づき、管理を実施しています。具体的には、魚体サイズ別、漁業種類別、期間別に割当量(漁獲することができる数量)が定められ、それぞれの割当量の7割を超える、若しく超えるおそれがあると認める場合は、採捕の数量を公表し、早期是正措置(漁獲抑制の取り組み)を実施します。また、それぞれの割当量の9割(大型魚)若しくは9割5分(小型魚)を超える場合、若しくは超えるおそれが著しく大きいと認める場合は、採捕の停止命令を発出します。

クロマグロの遊漁について

 クロマグロの漁業が制限を受ける場合は、遊漁者の皆様にも同様の取り組みを行っていただくようお願いします。また、令和3年6月1日からは、太平洋広域漁業調整員会の委員会指示により、クロマグロ小型魚(30kg未満)の採捕が禁止、大型魚(30kg以上)については、水産庁への採捕実績の報告が必要でした。

 その後、遊漁により想定を上回る数量が採捕され、資源管理に支障を来すおそれがあるため、令和3年8月20日付けで我が国の全ての海域におけるクロマグロの採捕は、来年5月31日まで禁止する措置が発動されましたので、遵守をお願いいたします。(水産庁:クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁専業者の皆様へ

 また、遊漁船業者の皆様にはチラシ(PDF:321KB)を掲示していただくなど、遊漁者への周知についてご協力をお願いします。

クロマグロの採捕状況

 令和4年4月30日時点のクロマグロ採捕状況

小型魚(30kg未満)

漁船漁業(定置以外)

漁船漁業(定置以外)でのクロマグロ小型魚(30kg未満)の採捕状況
漁業種類 採捕数量 割当量 割当量消化率

令和4年4月1日から6月30日

1.09トン

1.3トン

83.7%

令和4年7月1日から9月30日

トン 2.9トン -%

令和4年10月1日から12月31日

トン 11.5トン

-%

令和5年1月1日から3月31日

トン 1.7トン -%

定置漁業

定置漁業でのクロマグロ小型魚(30kg未満)の採捕状況
漁業種類 採捕数量 割当量 割当量消化率

令和4年4月1日から6月30日

0.46トン

1.0トン

46.5%

令和4年7月1日から9月30日

トン 7.4トン -%

令和4年10月1日から12月31日

トン

9.2トン

-%

令和5年1月1日から3月31日

トン

0.5トン

-%

 

大型魚(30kg以上)

クロマグロ大型魚(30kg以上)の採捕状況
漁業種類 採捕数量 割当量 割当量消化率
全漁業種類 1.94トン 6.6トン

29.4%

 ※割当量は、令和4管理年度(令和4年4月1日から令和5年3月31日)通期

採捕の数量の公表

漁船漁業(定置以外) 

 クロマグロ小型魚(30kg未満)について、知事管理漁獲可能量を超えるおそれがあるため、漁業法第31条に基づき公表します。

定置漁業

 現在、数量の公表はありません。

早期是正措置(漁獲抑制の取り組み)の実施状況

漁船漁業(定置以外)

 クロマグロ小型魚(30kg未満)を獲ることを目的とした操業を行わないようお願いします。

 クロマグロ小型魚(30kg未満)を再放流お願いします。

定置漁業

 1.5kg未満のクロマグロの再放流をお願いします。

採捕停止命令の発出状況

漁船漁業(定置以外)

 現在、採捕停止命令は発出されていません。

定置漁業

 現在、採捕停止命令は発出されていません。

 

このページに関するお問い合わせ先

環境農政局 農水産部水産課

環境農政局農水産部水産課へのお問い合わせフォーム

漁業調整・資源管理グループ

電話:045-210-4549

内線:4549

ファクシミリ:045-210-8853

このページの所管所属は環境農政局 農水産部水産課です。