小台網

掲載日:2020年1月7日

小台網
(こだいあみ)

小台網全体図

根こそぎ網が進歩した網で、網の型も大きく、網を固定して浮かせる台浮子(だいあば)がとりつけられています。はじめ富山県で作られましたが、三重県を経て神奈川県にも導入され、神奈川県では1810年ごろから1824年まで、およそ15年間操業されました。


小台網全体図(拡大)

横から見た小台網

横から見た小台網