ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 新型コロナウイルス感染症に係る神奈川県の10月以降の対応について

更新日:2023年9月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る神奈川県の10月以降の対応について

2023年09月22日
記者発表資料

県では、新型コロナウイルス感染症の10月以降の対応について、国が示した経過措置等を踏まえ、次のとおり対応することとしましたのでお知らせします。

1 新型コロナの10月以降の主な変更点等

1)医療提供体制

10月以降も新型コロナの診療に対応する医療機関の公表を継続します。

病院との協定に基づく新型コロナに対応する病床の確保について、病床数や時期を限定した上で継続します。

(2)医療費の公費支援

新型コロナ治療薬の費用は、9月末までは自己負担がありませんでしたが、10月以降、医療費の自己負担割合に応じて自己負担が導入されます。

新型コロナ治療のための入院医療費は、10月以降、高額療養費の自己負担限度額からの減額の上限が、2万円から1万円に変更されます。

(3)患者支援

発熱時の受診相談等に対応する相談窓口「新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」(コールセンター)は、継続して開設します。

  電話番号 対応時間
0570-056774 8時から22時(全日)
横浜市 0120-547-059 8時から20時(全日)
川崎市 044-200-0730 8時から20時(全日)
相模原市 042-769-9237 8時から20時(全日)
横須賀市 046-822-4308 8時から22時(全日)
藤沢市 0466-50-8200 8時から22時(全日)
茅ヶ崎市 050-3665-8125 8時から22時(全日)

 

高齢者の療養を支援する「高齢者コロナ短期入所施設」(さがみ緑風園内)は、本日で受入れを終了し、9月末で閉所します。

(4)高齢者施設等における対応

高齢者施設等への感染対策指導や陽性者発生後の行政検査は、保健所の判断により継続して実施します。

入所者が感染した際の施設内での療養に対する補助は、国要綱に基づき継続します。

2 その他(詳細の閲覧)

このページに関するお問い合わせ先

【県民の皆様からのお問い合わせ先】
神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 電話(0570)05-6774 ファクシミリ(045)633-3770

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。