ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 新型コロナウイルス「PCR等検査の無料化事業」に係る事業者登録の取消しについて

更新日:2022年5月24日

ここから本文です。

新型コロナウイルス「PCR等検査の無料化事業」に係る事業者登録の取消しについて

2022年05月23日
記者発表資料

県では県民の皆様が身近な場所で新型コロナウイルスの検査を受けられることを可能とするため、国通知等に基づき、無料でPCR検査等を行う事業者を募集し、登録した上で、当該事業者が行うPCR検査等の費用について補助を行う「PCR等検査の無料化事業」を昨年12月から実施しています。
このたび、同事業に登録し無料検査を行っていた次の事業者の登録を取り消しました。

1.登録を取り消した事業者の概要

⑴ 登録申請書に記載された事業者の名称

プライベートクリニック六本木(東京都港区)

⑵ 同事業者が設置運営していた検査事業所

横浜市黄金町検査所(横浜市南区)
中華街第二検査所(横浜市中区)
厚木・海老名検査所(厚木市)
中華街第一検査所(横浜市中区)
福富町検査所(横浜市中区)
川崎検査所(川崎市高津区)
川崎第二検査所(川崎市中原区)
横須賀第一検査所(横須賀市)
上記8か所のうち、県に検査実施が報告された検査事業所は横浜市黄金町、中華街第二、厚木・海老名の3か所

2.取消し理由

同事業者は「医療機関」として登録申請し、登録されていたが、所在地での医療機関登録は令和3年7月に廃止されている等、補助事業期間における医療機関としての開設が確認できず、本事業の資格要件を満たしていない(注記)ことが確認されたため
注記 本事業における登録事業者は、医療機関、薬局、衛生検査所等のいずれかであることを資格要件としています。

3.経緯

2月21日 上記1に記載の事業者の名称で登録申請
3月4日 事業者登録
3月16日 外部から「当該事業者は資格要件を満たしていないのでは」との情報提供
3月25日 県において全ての登録事業者の資格要件(届出・許可状況)を確認
(県内に医療機関、薬局、衛生検査所としての届出・許可等を受けた施設が無い事業者に対しては、資格証明書書類の提出を依頼)
4月2日 同事業者から適切な資格証明書類の提出がなく、資格確認を行う中で要件を満たしていない疑義が生じたため、同事業者が設置する事業所の県ホームページ「無料検査を実施している事業者一覧」への掲載を一時停止
3月17日~5月19日
所管の保健所への資格等確認、検査事業所及び事業者所在地等の現況確認、事業者への事情聴取等
5月23日 事業者の登録を取消し

4.県における事業者登録手続について

(1) 資格要件を満たしていない事業者を登録した経緯
県では、国の通知に基づき本事業の事業者登録の手続を進めてきましたが、国通知では事業者登録の申請段階で申請者の資格要件を確認する書類の提出を求めておらず、県でも申請者の資格要件の確認を行っていませんでした。

(2) 再発防止に向けた対応
今回の事案を踏まえて、本事業の登録申請時に資格要件を示す書類の添付を義務付けることとした上で、医療機関等の登録がある保健所等にその内容を確認することとしました。

5.その他

同事業者に対する補助金の支払いは行っていません。
同事業者が補助事業期間中に実施したPCR検査等の実施内容が適切であったか、現在県で確認を行っています。

 

 

問合せ先

神奈川県健康医療局医療危機対策本部室

神奈川県検査無料化コールセンター 電話 0570-012-526

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。