ペットの受動喫煙について

掲載日:2021年8月19日

ペットの受動喫煙について

 環境省は「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」(PDF:721KB)において、室内飼いの際に注意しなければならないこととして、ペットの受動喫煙について注意喚起を行っています。

 タバコの副流煙は人だけでなく一緒に暮らす犬や猫の健康にも悪影響を与える可能性があります。受動喫煙の害に気をつけてください。

 また、消臭剤、殺虫剤などの化学薬品にも注意して、ペットの近くで使用することは控えましょう。

 動物たちは人間以上に「におい」に敏感です。タバコや化学薬品のにおいが想像以上に大きなストレスになる可能性がありますので、ペットにも配慮してあげましょう。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。