愛川第1・第2発電所

掲載日:2019年5月13日

 愛川第1発電所

 宮ヶ瀬ダムの直下に建設された発電所で、電力需要の多い時間帯にピーク式発電をおこないます。

 愛川第1発電所では、4月から11月の間、宮ヶ瀬ダムの観光放流にあわせ、毎月1回程度、発電所内をご覧いただける見学会を企画しております。詳しくはこちらをご覧ください。

愛川第1発電所

 発電所型式  ダム式
 最大出力  24,200kW
 最大使用水量  毎秒 22.0立方メートル
 有効落差  129.0メートル
 水車  立軸フランシス
 発電機  立軸三相同期
 台数  1台
 回転数  毎分 429回転
 所在地  愛甲郡愛川町半原

愛川第1発電所

愛川第1組立室

 ダムエレキ

 

 愛川第2発電所

 愛川第1発電所の発電で放流された水は、石小屋ダムに一旦貯留され、この愛川第2発電所の24時間連続運転による発電で、下流の中津川の河川維持用水など必要な水量を安定的に放流します。

愛川第2発電所

 発電所型式  ダム式
 最大出力  1,200kW
 最大使用水量  毎秒 7.0立方メートル
 有効落差  22.0メートル
 水車  横軸プロペラ
 発電機  横軸三相同期
 台数  1台
 回転数  毎分 500回転
 所在地  愛甲郡愛川町半原

愛川第2発電所


企業庁トップページ