【受付終了】令和3年度食物アレルギー緊急時対応研修会(オンライン研修)

掲載日:2021年12月27日

本研修については、お申し込み多数により、受付を終了しました。

開催要項

1 目的

学校や保育所の教職員、保健福祉事務所や市町村のアレルギー相談担当職員などアレルギー疾患のある者に関わる職員が、症状や治療法などの知識、アナフィラキシーショックを起こした際の緊急時の対応等を習得することにより、各関係機関での対象者への適切な対応や相談能力の向上を図ります。

2 研修会について

(1)対象

神奈川県内の公私立の学校、幼稚園、保育所、放課後児童施設等の職員

保健福祉事務所、児童福祉施設、市町村、消防署等の職員

医師、看護師、薬剤師、保健師、栄養士及び救命救急士等の関係機関の職員

(一般の方はご参加いただけません。)

(2)日程・内容

日時:

  • 令和3年12月14日 14時00分~16時00分
  • 令和4年1月18日 14時00分~16時00分
  • 同一講師による同一内容で開催しますので、ご都合のよろしい日程にお申込みください。
  • 両日ともZoomによるオンライン講義となり、自宅・職場等で受講していただきます。

募集人数:各回200名

講師:

  • 国立病院機構神奈川病院 渡辺博子先生

内容:

食物アレルギーの基礎知識、緊急時の対応

時間 内容
14時00分~14時05分 開会(受講上の注意等)
14時05分~15時05分 講演「食物アレルギーの基礎知識」
15時05分~15時15分 休憩
15時15分~15時35分

「アナフィラキシー等緊急時の対応」

エピペンの使用実習(講師による実演等)

15時35分~16時00分 質疑応答
16時00分 閉会

主催:神奈川県

3 参加費

無料

なお、エピペントレーナー返送費用は参加者(所属)負担(普通郵便120円見込み)となります。

4 申込みについて

(1)申込方法

先着順(定員に達した場合は、申込締め切り前であっても受付を終了します。)

神奈川県 電子申請システム よりお申込みください。

https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_initDisplay.action#application

(2)申込時の注意点

  • 1回の申込で1回線(パソコン1台)のお申込みとなります。
  • 複数回線(接続するパソコンが複数台)の接続が必要な場合は、異なるアドレスから必要回線分(接続するパソコンの台数分)お申込みいただく必要があります。(1回線(パソコン1台)にて複数名で受講いただく場合は、1回のお申込みで申込完了となります。

(3)申込締切 各回開催日の2週間前まで

  • 令和3年12月14日火曜日開催分については、令和3年11月30日火曜日まで
  • 令和4年1月18日火曜日開催分については、令和4年1月4日火曜日まで

5 その他

  • 参加者には、事前に「食物アレルギー緊急時対応マニュアル」及びエピペントレーナーを郵送します。エピペントレーナーは、各研修会終了後、必ずご返却ください。
  • 講師資料については、参加者にメールで配信しますので、各自(各所属)で印刷してください。(ファイル容量によっては、ホームページに掲載し、ダウンロードしていただく場合もあります。)
  • 講師資料の転載、2次利用等は行わないでください。
  • 運営に支障が生じますので、ZOOMのアドレス等を参加者以外に伝えることや、事前に申込していない複数のパソコン等から参加は行わないでください。
  • 開催回数、参加者人数を増やしておりますが、昨年度、大変多くのお申込みをいただいておりますことから、職場にて複数名でご受講いただきます際は、可能でしたら1台のパソコンからプロジェクター等により複数名で受講可能にしていただく等ご対応をご検討ください。
    なお、プロジェクター等による対応が困難な場合や、それぞれ異なる勤務地等からご参加される場合は、参加者を1名としていただく必要はありませんので、複数名のパソコンでお申込みください。
  • ご不明な点がありましたら、下記の問合せ先までお電話でご確認ください。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa