ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 農業 > 神奈川県育成品種:イチゴ「かなこまち」の紹介

更新日:2022年3月23日

ここから本文です。

神奈川県育成品種:イチゴ「かなこまち」の紹介

神奈川県育成品種であるイチゴ「かなこまち」の紹介


 

神奈川県オリジナルのイチゴ品種「かなこまち」

 

かなこまち果実・断面かなこまち果房

’かなこまち’は、糖度が高く、酸味とのバランスがよい、大粒の品種です。観光摘み採り園及び直売向けの栽培のほか、市場出荷向けにも適しており、県オリジナル品種として導入・普及が期待できます。

品種育成の経緯

 神奈川県内のイチゴ生産者等からの他県産との差別化を図るためには県オリジナル品種が必要であるとの要望に応えるため、イチゴの新品種育成に取り組みました。年内から収穫でき、栽培期間を通して糖酸比が安定して良食味であること、色艶や果実硬度が一定のレベル以上であること等の特性を有する品種の育成を目指し、平成26年度に‘紅ほっぺ’(静岡県育成品種)と‘やよいひめ’(群馬県育成品種)を交配・選抜し、育成した品種です。令和2年9月2日に種苗法に基づく品種登録出願し、同年12月21日に農林水産省が出願公表(出願番号第34922号)しました。

品種の特徴

  • 収穫は12月中下旬から5月頃までです。
  • 年内の収穫量は少ないですが、連続収穫性を有し、総収穫量は‘とちおとめ’より多く、’紅ほっぺ’と同等で、10aあたり約4tです。
  • 果実の大きさは、3L~2Lの大粒の割合が多いです。
  • 果皮は鮮赤色で、果実の中まで赤色となり、果実は長円錐形です。
  • 糖度は10~12°、酸度は0.9~1.3%で、県内で栽培されている‘とちおとめ’、‘紅ほっぺ’、‘章姫’及び‘やよいひめ’と比べて、収穫期間を通して高く推移します。

品種名について

 神奈川県いちご組合連合会の会員、県職員から名称を募集し、「神奈川生まれの美しくて美味しいイチゴ」という思いが込められた’かなこまち’を選定しました。

「かなこまち」を販売している共同直売所等

県内の大型直売所等で販売しています。出荷状況により販売がない場合もありますので、各店舗にお問い合わせの上、ご来店ください。まだ生産が少なく、限られた販売ですが、今後、段階的に生産拡大を図り、本格的な生産販売は、2年後の令和5年を目指しています。

かなこまちを販売している共同直売所等の一覧(令和4年3月16日現在)

店舗名 販売期間 住所 電話
JAさがみ海老名グリーンセンター 12月下旬から4月頃まで 海老名市大谷246 046-234-0080
夢未市 1月から4月頃まで 厚木市温水255 046-290-0141

このページに関するお問い合わせ先

農業技術センター

農業技術センターへのお問い合わせフォーム

企画経営部

電話:0463-58-0333

内線:303(品種の特徴について)、306(販売状況について)

ファクシミリ:0463-58-4254

このページの所管所属は 農業技術センターです。