ヤポンノキの新品種「八剱枝垂れ」

掲載日:2021年5月26日

ヤポンノキの新品種「八剱枝垂れ」(やつるぎしだれ)

神奈川県農業技術センターでは、ヤポンノキの新品種「八剱枝垂れ」を育成しました。

yaturugi2

特徴

パラソルを閉じたような樹姿が目を引きます。枝が横に広がらないので狭い空間にも植栽しやすく、常緑で病害虫の発生がほとんどないので管理に手間がかからないのも魅力です。樹勢は良く、樹高は5年で1.5m位になります。姿を活かしたシンボルツリーとしてもおすすめの品種です。

名前の由来

強い枝垂れ性の樹姿から両刃の剣を連想して、育成地の平塚市吉沢地区にある「八剱神社」に因んで命名しました。

「八剱枝垂れ」の育成経過

ペンジュラ(枝垂れ性、雌株)の実生から良好な枝垂れ性を有する株の選抜を続け、特に強い枝垂れ性を有する雄株を選びました。

ヤポンノキとは・・・

ヤポンノキはアメリカ原産の雌雄異株の常緑高木です。小葉が密につき枝はやや白くツゲに似た外観で、主に垣根やトピアリーとして利用されています。

「八剱枝垂れ」の品種特性(PDF:168KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。