東日本大震災に係る被災地への派遣

掲載日:2021年10月19日

被災地への職員派遣について掲載しています。

職員派遣について

任期付職員の派遣

 東日本大震災の被災地では、復旧・復興業務に携わる自治体職員が今なお不足しています。
 そこで、県では、専門的知識や実務経験を有する方を任期付職員として採用し、被災地(岩手県、宮城県、福島県)に派遣しています。

令和3年度 神奈川県任期付職員(東日本大震災の被災地への派遣職員)の採用選考のお知らせ(県人事課のページ)(受付は終了しました)

 

任期付職員派遣者数(令和3年9月1日時点)

東日本大震災被災地への任期付職員派遣者数について(PDF:45KB)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ先 くらし安全防災局 総務室 総務経理グループ 電話045-210-3414


「東日本大震災の復興対策に従事した職員からの意見とその対応」をまとめました

 本県は、東日本大震災の発災直後から、職員を被災地に派遣し、現地の復旧・復興業務を支援してきました。平成26年3月からは、被災地に派遣する任期付職員を採用し、岩手県・宮城県・福島県の3県とその市町村に派遣して、被災地の復興に貢献しています。このたび、これら派遣職員が現地での活動を通じて得た意見をまとめました。

「東日本大震災の復興対策に従事した職員からの意見とその対応」[PDFファイル/387KB]

お問い合わせ先 くらし安全防災局 総務室 総務経理グループ 電話045-210-3414

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。