更新日:2021年12月10日

ここから本文です。

神奈川県職員行動指針

県職員としての基本姿勢・心構え、遵守すべき服務規律などを、職員行動指針として定めています。

平成16年 4月策定

平成19年10月改正

私たち神奈川県職員は、県民の視点に立つ県行政の実現に向けて、県民の信頼に応え、県民全体の奉仕者として誇りと自覚、時代認識をしっかりと持ち、次のとおり行動します。

私たちの姿勢

1 前例にとらわれず、自ら行動し、新たな課題に挑戦します。

2 県民との対話を大切にします。

3 すべての人の人権を尊重します。

4 明るく、活き活きとした職場づくりを推進します。

5 地域社会の一員としての自覚を持って行動します。

6 職務に専念し、服務規律を遵守します。

私たちの実践

7 自己啓発や能力開発に取り組みます。

8 男女共同参画の理念に基づき行動します。

9 個人情報保護と情報セキュリティを徹底します。

10 不当、不正な要求に対し、毅然として対応します。

11 日常点検や相互チェックを行い、事故・不祥事を未然に防止します。

12 日常の業務や生活のあらゆる場面で、環境への配慮を実践します。

私たちの規律

13 信用失墜行為や職員全体の不名誉となる行為を行いません。

14 常に公私の別を明らかにし、県民の疑惑や不信を招く行為を行いません。

15 職務上知り得た秘密を漏らしません。

16 交通法規を遵守し、飲酒運転を行いません。

17 政治的中立性を堅持し、地位を利用して選挙運動を行いません。

18 許可なくアルバイト等に従事して、報酬など金品を受け取りません。

管理監督者の役割

 19 職員の能力を活かし、働きやすい職場環境を整備するとともに、
 総労働時間の短縮に向けた取組を行います。

 20 常に適切な業務管理に努めるとともに、自ら職員の範となるよう行動し、
 職員の倫理の保持及び公正な職務の遂行を指導します。

本文ここで終了

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は総務局 総務室です。