ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > オンライン行政サービス > 行政情報の電子化 > 引っ越しの際はマイナンバーカードも変更手続きを

更新日:2022年1月21日

ここから本文です。

引っ越しの際はマイナンバーカードも変更手続きを

引っ越しで住所が変わる場合は、マイナンバーカードに新しい住所を追記する必要があります。引っ越し先の市区町村窓口で転入届を提出する際に、併せてマイナンバーカードの変更手続きを行ってください。

マイナンバーカードの住所変更手続きは市町村窓口で!

マイナちゃん 引っ越しで住所が変わる場合は、ご自身のマイナンバーカードに新しい住所を追記する必要があります。※通知カードの住所変更手続きは、令和2年5月25日以降行っていません。

 引っ越し先の市区町村窓口で転入届(同一市区町村内での引っ越しの場合は転居届)を提出する際に、併せてマイナンバーカードの変更手続きを行ってください。マイナンバーカードは、住所変更手続きを忘れたまま90日経過すると失効してしまいますのでご注意ください。 

 

新住所追記欄  

結婚等などで氏名が変わったときも手続きが必要?

 マイナンバーカードの記載内容に変更があった場合には、14日以内に変更の手続きが必要とされていますので、お住いの市区町村窓口で変更手続きを行ってください。

 

国外に転出する場合は

 国外に転出する場合には、マイナンバーカード又は通知カードを所持している方は、お住いの市区町村窓口に返納してください。

 帰国後、転入届を提出すると、返納前と同じマイナンバーが付与されますので、改めてマイナンバーカードの交付申請を行ってください。

 

マイナンバーカードの交付申請中に引っ越ししても大丈夫?

 引っ越し旧住所地でマイナンバーカードの交付申請を行い、受け取り前に引っ越しをされる場合には、申請中のマイナンバーカードは無効になるため、引っ越し先の市区町村窓口で改めて交付申請を行っていただく必要があります。

 

 

 

上記の手続きの詳細は、お住いの市区町村窓口にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

総務局 デジタル戦略本部室

総務局デジタル戦略本部室へのお問い合わせフォーム

情報企画グループ

電話:045-210-5920

内線:5920

ファクシミリ:045-210-8824

このページの所管所属は総務局 デジタル戦略本部室です。