地域森林計画制度

掲載日:2019年7月23日

地域森林計画制度の概要

地域森林計画制度は、森林の有する水源のかん養、山地災害の防止、生活環境の保全、木材生産、保健文化、野生動植物の生息の場など、さまざまな機能を総合的かつ高度に発揮させるための制度で、森林法に基づき民有林を対象に定められています。計画内容は、森林整備及び保全の目標や、森林施業、林道の開設、森林の土地の保全などに関する事項が示されています。

地域森林計画対象民有林の確認

横浜市、川崎市内の地域森林計画対象民有林の確認については、横浜市みどりアップ推進課、川崎市農業振興課、神奈川県横浜川崎地区農政事務所または神奈川県環境農政局緑政部森林再生課へ、お問い合わせください。

地域森林計画対象民有林(正面手前が広葉樹林、奥が針葉樹林:横浜市旭区追分市民の森)

地域森林計画対象民有林

(横浜市旭区追分市民の森:正面手前が広葉樹林、奥が針葉樹林)

地域森林計画対象民有林(竹林:川崎市麻生区)

地域森林計画対象民有林

(川崎市麻生区:竹林)