保安林制度

掲載日:2019年7月23日

保安林制度の概要

水を育んだり、土砂崩れなどの災害を防止したり、美しい景観や保健休養などの場を提供したりする森林のうち、特に重要な森林を「保安林」に指定し、開発や伐採などを制限することによって、このような森林の機能を守っている制度が「保安林制度」です。保安林には、その目的によっていろいろな種類があり、横浜川崎地区では、空気の浄化や騒音の緩和により生活環境を守る「保健保安林」や、名所や旧跡、趣のある景色などを保存する「風致保安林」などが指定されています。

保安林指定箇所の確認

横浜市、川崎市内の保安林指定箇所の確認は、神奈川県横浜川崎地区農政事務所または神奈川県環境農政局緑政部水源環境保全課へ、お問い合わせください。

風致保安林(川崎市中原区春日神社)

風致保安林

(川崎市中原区春日神社)

保健保安林(横浜市金沢区北朝比奈市民の森)

保健保安林

(横浜市金沢区北朝比奈市民の森)