農業(果樹)への影響と適応策

掲載日:2020年1月9日

気候変動の影響

 稲や野菜などの一年生作物に比べて、永年性作物である果樹は、気候に対する適応性の幅が狭く、気候変動に弱い作物とされています。
 現在の影響としては、果実肥大期の高温・多雨によるカンキツでの浮皮、成熟期のリンゴでの着色不良や着色遅延などの、高温による生育障害が見られます。
 また、気温上昇により果樹の開花が早まることで、春の急な低温で花やつぼみなどが凍る霜害のリスクが増大します。
 将来予測される影響としても、同様の影響が予測されています。
 例えば、「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」(環境省環境研究総合推進費S-8(2010~2014年))によると、現状を上回る温暖化対策を取らない場合、温暖化の影響でウンシュウミカン栽培適地が減少する予測が示されています。

 

ウンシュウミカンの栽培適地の予測(厳しい温暖化対策を取った場合)ウンシュウミカンの栽培適地の予測(現状を上回る温暖化対策を取らない場合)
ウンシュウミカンの栽培適地の予測(2081年~2100年)
(条件:気候モデルMIROC※、排出シナリオRCP2.6、RCP8.5、基準期間1981~2000年、予測期間2081~2100年)

※気候モデルMIROC
 大気や海洋などの中で起こる現象を物理法則に従って定式化し、コンピュータによって擬似的な地球を再現しようとする計算プログラムを「気候モデル」といい、MIROCは、東京大学、国立研究開発法人国立環境研究所、国立研究開発法人海洋研究開発機構の共同により開発された気候モデルの一つ。

出典:気候変動適応情報プラットフォームポータルサイト(2019年12月6日利用)

影響に対処するための県による施策(適応策)

 高温障害を軽減するため、技術試験を実施し、対策技術の確立を行うとともに、農家への技術支援を行います。

現在県で取組んでいる具体的な事例

  • ウンシュウミカンの貯蔵技術の開発と農家への技術支援を実施
  • ウンシュウミカン栽培農家に対して、秋の気温上昇が原因の浮皮対策として、植物調節剤の処理を指導。農業技術センターの試験研究においても浮皮対策技術試験を実施
  • リンゴの試験栽培においては、高温障害対策として散水を実施
  • ブドウの着色管理が不要である青系新品種の栽培方法について試験を実施
  • ブドウの着色促進のための夜間かん水を指導
  • ナシの生理障害に対応するため、果実表面温度の測定や袋かけによる効果試験を実施
 

【参考】日本全国における気候変動による影響(概要)

出典:日本における気候変動による影響に関する評価報告書抜粋

現在の状況

  • 2003年に実施された全国的な温暖化影響の現状調査では、全都道府県における果樹関係公立研究機関から、果樹農業において既に気候変動の影響が現れているとの報告がなされている。
  • 果樹は気候への適応性が非常に低い作物であり、また、一度植栽すると同じ樹で30~40年栽培することになることから気温の低かった1980年代から同じ樹で栽培されていることも多いなど、品種や栽培法の変遷も少なく、1990年代以降の気温上昇に適応できていない場合が多い。
  • カンキツでの浮皮、リンゴでの着色不良など、近年の温暖化に起因する障害は、ほとんどの樹種、地域に及んでいる。
  • 果実品質について、たとえばリンゴでは食味が改善される方向にあるものの、果実が軟化傾向にあり、貯蔵性の低下につながっている。

将来予測される影響

  • ウンシュウミカン、リンゴについて、IS92aシナリオ※を用いた予測では、栽培に有利な温度帯は年次を追うごとに北上し、以下の通り予測されている。

ウンシュウミカンでは、2060年代には現在の主力産地の多くが現在よりも栽培しにくい気候となるとともに、西南暖地(九州南部などの比較的温暖な地域)の内陸部、日本海および南東北の沿岸部など現在、栽培に不向きな地域で栽培が可能となる。

リンゴでは2060年代には東北中部の平野部までが現在よりも栽培しにくい気候となり、東北北部の平野部など現在のリンゴの主力産地の多くが、暖地リンゴの産地と同等の気温となる。

  • ブドウ、モモ、オウトウについては、主産県において、高温による生育障害が発生することが想定される。

※IPCC第2次評価報告書で使用されていた排出シナリオ。1961~1990年を基準とした2021~2050年の世界平均地上気温の上昇幅が最良の推定値で1.3℃上昇する予測

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。