平成30年度外部評価課題

掲載日:2021年3月15日

外部評価課題一覧

課題名 研究期間 課題の詳細 評価結果 主な指摘事項への対応
相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態解明 H29~31 詳細を見る 結果を見る(PDF:175KB) 結果を見る(PDF:94KB)
神奈川県におけるPM2.5中のタンパク質の実態把握 H30~32 詳細を見る 結果を見る(PDF:173KB) 対応を見る(PDF:90KB)
指標種に着目した環境DNAの基礎研究 H31 詳細を見る 結果を見る(PDF:173KB) 対応を見る(PDF:88KB)

課題の詳細

課題名 研究概要 期待される効果
相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態解明 相模湾の海浜におけるマイクロプラスチックの漂着状況、マイクロプラスチックに吸着する化学物質等による汚染の調査を行い、マイクロプラスチック汚染の実態を明らかにする。 相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態を明らかにすることで、削減対策の検討や啓発情報として活用する。
神奈川県におけるPM2.5中のタンパク質の実態把握 約3割を占めるPM2.5の不明成分を明らかにするため、PM2.5中に含まれるタンパク質の定量を行い、地域的な差異や季節変動についても実態を把握する。 自然由来が多いと推定されるタンパク質の成分調査を行うことにより、PM2.5成分中で人為起源成分とは異なり、削減対策が困難な成分の寄与割合を明らかにする。
指標種に着目した環境DNAの基礎研究 水源環境保全施策の事業効果を指標する生物について、環境DNAによる調査手法の開発や結果を評価するためのDNAの動態の把握等を行う。 環境DNAによる調査は、従来の生物捕獲調査に比べ、現場の作業量が少ないためより低廉で多地点の調査を実施することが可能となり、調査費用の低減と事業評価制度の向上が期待できる。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。