ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 新日本ウエックス不当労働行為救済申立事件の命令について

更新日:2022年1月6日

ここから本文です。

新日本ウエックス不当労働行為救済申立事件の命令について

2022年01月06日
記者発表資料

神奈川県労働委員会(会長 浜村彰)は、標記の事件について、本日、申立人の不当労働行為救済申立ての一部を救済する命令を交付しましたので、お知らせします。概要は次のとおりです。

1 当事者

申立人 神奈川シティユニオン(組合)

被申立人 新日本ウエックス株式会社(会社)

2 事件の概要

本件は、組合が組合員Aの離職等に係る労働問題について団体交渉を申し入れたところ、会社が、【1】団体交渉に応じなかったこと、また、【2】団体交渉の議題に係る文書回答を求めたにもかかわらず、具体的な文書回答をしなかったことが労働組合法(以下「労組法」という。)第7条第2号に、【3】Aに対し、離職後の賃金相当額を一方的に支払うなど直接交渉を行ったことが労組法第7条第3号に該当する不当労働行為であるとして、救済申立て(以下「本件申立て」という。)のあった事件である。

3 命令の概要

(1) 主文

ア 会社は、組合が組合員の雇用に関する交渉を求めているにもかかわらず、組合への連絡や組合との交渉を一切することなく、当該組合員に対し、一方的に賃金相当額を支給するなどして組合の運営に対する支配介入を行ってはならない。

イ 会社は、本命令受領後、速やかに陳謝文を組合に手交しなければならない。

(2) 本件の主な争点及び判断の要旨

(争点1)

組合の令和2年8月13日付け団体交渉申入れに対する会社の対応は、労組法第7条第2号に該当する不当労働行為に当たるか否か。

(判断の要旨)

ア 会社は、組合の団体交渉申入れに対し、新型コロナウイルスの影響で都合がつかず、都合がつき次第改めて連絡する旨を文書で回答しているが、当時、会社の所在する愛知県が新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて首都圏への移動自粛を要請していたことからすれば、会社が直ちに団体交渉に応じられないことについて一定の理由はある。また、組合が会社の回答文書を受けた後、団体交渉開催に向けた連絡を会社にした事実は認められない。さらに、会社は、実際に本件申立て後に団体交渉を申し入れていることから、団体交渉に応じる姿勢を示している。

したがって、回答文書のみをもって、会社が正当な理由なく団体交渉を拒否していたとはいえない。

イ 組合と会社との間で、団体交渉の議題等に係る事前の文書回答に関する取り決めがあった事実は認められないことから、団体交渉前に、会社が組合の要求どおりに文書回答をすべき義務を負う根拠はない。

したがって、団体交渉の議題について、事前に文書回答をしない会社の対応が不誠実であったとはいえない。

(争点2)

会社が、Aに対し、令和元年12月から令和2年4月までの賃金相当額を支払ったことは、労組法第7条第3号に該当する不当労働行為に当たるか否か。

(判断の要旨)

Aが離職してから8か月以上経過した後に、会社は、組合に対して何ら連絡をすることなく、一方的にAに賃金相当額を支払っている。団体交渉申入書が会社に到達してから9日後という近接した時期に賃金相当額が支払われていることなどからすれば、会社には、Aの雇用問題を解決するに当たり、組合の関与を忌避する意図があったことが推認され、会社の同支払は、一方的な金銭支払により同人の離職問題を解決しようとしたものにほかならない。

したがって、Aに対し賃金相当額を支払った会社の対応は、組合を無視ないし軽視した行為であり、労組法第7条第3号の支配介入に当たる。

(注記)不当労働行為

使用者は、労働組合法第7条により、次のような行為が禁止されている。

不利益取扱い(同条第1号):組合員であることや労働組合の正当な行為をしたことを理由に、労働者に対して解雇などの不利益な取扱いをすること。

団体交渉拒否(同条第2号):正当な理由なく団体交渉を拒否したり、不誠実な団体交渉をすること。

支配介入(同条第3号):労働者による労働組合の結成やその運営を支配したり、これらに介入すること。

報復的不利益取扱い(同条第4号):労働委員会に申立てなどをしたことを理由に、労働者に対して不利益な取扱いをすること。

問合せ先

神奈川県労働委員会事務局審査調整課

労働関係調整担当課長 菅居 電話 045-633-5445

審査調整グループ 後藤 電話 045-633-5447

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は労働委員会事務局  です。