淡水魚類図鑑 ビワヒガイ

掲載日:2021年3月11日

ビワヒガイ Sarcoheilichtys variegatus microoculus

コイ目 コイ科
ビワヒガイ

分布 琵琶湖の固有亜種ですが、琵琶湖から移植されてきたアユに混じって放流されたものが定着しました。
形態 背びれに黒色帯があるのが特徴で、雌では2~3cmの産卵管を伸ばします。20cm近くまで成長します。
生態 主に、川の中下流の砂れきに生息し、タナゴ類と同じく、春から夏にかけて、ドブガイ等の二枚貝に産卵します。
備考 相模川では城山ダム下から磯部堰にかけて希に見られましたが、近年では確認されていません。

ビワヒガイ

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa