神奈川県石油コンビナート等防災計画

掲載日:2020年3月30日

神奈川県石油コンビナート等防災計画とは

神奈川県石油コンビナート等防災計画は、県内の石油コンビナート等特別防災区域における火災・漏洩等の事故や地震・津波等の自然現象により生ずる災害に関し、県、関係市、特定地方行政機関及び関係公共機関並びに特定事業者が一体となり実施すべき業務を定めた総合的かつ基本的な計画です。この計画の修正にあたっては、災害の発生の発生のおそれ及び災害の影響について、科学的知見に基づく調査、予測及び評価を行うことになっています。直近では、令和2年3月に計画を修正しました。

防災計画及び資料編詳細

神奈川県石油コンビナート等防災アセスメント調査

石油コンビナート等防災アセスメント調査は、本県の特別防災区域(京浜臨海地区、根岸臨海地区)における防災体制の充実・強化を図るうえでの基礎資料とするため、消防庁指針に示された手法に準拠して行う石油コンビナートの災害の想定に関する調査です。

神奈川県石油コンビナート等防災計画に係る予防対策取組状況調査

神奈川県石油コンビナート等防災計画に係る予防対策取組状況調査は、平成28年3月に見直した神奈川県石油コンビナート等防災計画で定めた災害予防対策について、事業所及び関係行政機関の対応や取組状況を把握するための調査です。
 ※平成29年度から、「進捗状況調査」を「取組状況調査」に改称しました。

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa