更新日:2021年1月21日

ここから本文です。

先輩へのインタビュー(農業)

農業 仲野 翔さん

仲野さん1

農業をはじめたきっかけ

 祖母が三重県で農業をしており、小さい頃に、腰の曲がった祖母が大根を抜いている姿をみて「農業は若い人がやるべきだ」と感じ、農業を志しました。

農業をはじめて良かったと思うこと、やりがい

 野菜を直接消費者に届ける機会が多いのですが、「美味しい」と言っていただけることは、農業を続けていく上での大きなやりがいとなっています。
 また、常に自分が育てた野菜を食べられるということは、何よりの贅沢。家庭と近いということも農業の魅力で、仕事をしながら子供の成長が間近で感じられることは幸せなことです。

農業をはじめて分かった苦労

 とにかく最初は支出の多いことに苦労しました。何をするにもお金はかかりますが、売上があがるまで野菜はじっくり育つので、きちんと計画性をもって始めないと大変です。

かながわの農業の魅力

 神奈川県は消費者も多く、ここ横須賀市も都心に近いため、多くのイベントに参加し刺激やアイデアをもらうことが容易です。
 「農業×何か」をするには、とってもいい場所だと感じています。

農業をはじめようとしている方へのメッセージ

 自然と対峙しながら、色々な人とのご縁で、いくらでも新しい展開ができる素晴らしい職業だと感じています。

仲野さん2

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は環境農政局 総務室です。