パスポートセンターのトップページ

本人確認書類

該当するものがない方やご不明な点がある場合は、事前にパスポートセンターにご相談ください。

有効な原本に限ります

  • コピーは不可です。
  • 本人確認書類の氏名・生年月日・性別・住所・本籍地は、戸籍や住民票の記載内容と一致しているものに限ります。
  • 中学生以下の方で、本人確認書類がそろわない場合は、親権者の本人確認書類もお持ちください。

注意事項

  • 個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、平成27年10月5日以降に住民登録をしている市町村から送付された「通知カード」は、本人確認書類として使用できませんのでご注意ください。
    平成28年1月以降、交付された「個人番号カード(マイナンバーカード)」は、本人確認書類として使用できます。
    各カードの詳細につきましては、総務省ホームページを参照してください。
  • 代理提出をする場合は、申請者本人と代理人双方の「本人確認書類」が必要です。
  • 1点あればよいものと、2点の組合せで本人確認書類と認められるものがありますので、お間違えのないようご注意ください。

次の中のどれか1点で本人確認書類として認められるもの

  • 有効中の日本国旅券(失効後6ヶ月以内のものを含む)
  • 運転免許証(仮免許証、日本国内で発行された国際運転免許証を含む)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 船員手帳
  • 海技免状
  • 小型船舶操縦免許証
  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 戦傷病者手帳
  • 宅地建物取引士証
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 認定電気工事従事者認定証
  • 特種電気工事資格者認定証
  • 耐空検査員の証
  • 航空従事者技能証明書
  • 運航管理者技能検定合格証明書
  • 動力車操縦者運転免許証
  • 教習資格認定証(猟銃の射撃教習を受ける資格の認定証で公安委員会発行のもの)
  • 合格証明書(警備員に関する検定の合格証で公安委員会発行のもの)
  • 官公庁発行の身分証明書(写真が貼ってあるもの)
  • 独立行政法人の身分証明書(写真が貼ってあるもの)
  • 特殊法人の身分証明書(写真が貼ってあるもの)
  • 地方独立行政法人の身分証明書(写真が貼ってあるもの)
  • 官公庁の共済組合の身分証明書(写真が貼ってあるもの)
  • 写真付き身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)

このページの先頭に戻る

2つの組合せで本人確認書類として認められるもの

下記のA欄の中から2点、または、A欄とB欄の中から1点ずつお持ちください。
B欄の中から2点では、本人確認書類として認められませんので、ご注意ください。

A欄この中から2点、または、A欄とB欄の中から1点ずつ
健康保険被保険者証 国民健康保険証被保険者証 船員保険等被保険者証
後期高齢者医療被保険者証 共済組合員証 遠隔地被保険者証
任意継続健康保険証 自衛官診療証 日雇労務者健康保険証
国民年金手帳(証書) 厚生年金手帳(証書) 船員保険年金手帳(証書)
共済年金手帳(証書) 恩給等の証書 介護保険被保険者証
日雇特別被保険受給資格証 健康保険組合継続療養者証明書
発行から6ヶ月以内の印鑑登録証明書と登録印鑑(申請書裏面の「申請者署名」欄に署名し押印が必要)
※申請者と同一世帯の世帯主の印鑑登録証明書を本人確認書類として提出する場合には、世帯主が記載された住民票が必要です。
本人確認証(中国残留邦人等に対する支援給付が支給決定されていることの証明書)
B欄この中から1点とA欄から1点
母子健康手帳(中学生以下対象)
ただし、次の5つ全てが記載されていることが条件
  • 1.保護者氏名
  • 2.保護者の生年月日
  • 3.子の出生届出済証明
  • 4.子の氏名
  • 5.子の生年月日
会社の身分証明書(写真の貼ってあるもの)
学生証(写真の貼ってあるもの)
公的機関発行の資格証明書(写真の貼ってあるもの)
失効後6ヶ月以上経過した日本国旅券(帰国のための渡航書を含む)
在学証明書、生徒手帳(学校長印が押印され、身分を証明できるもの)
生活保護を受けている旨の証明書(公的機関が発行したもの)
納税証明書、課税証明書(公的機関が発行したもの)
源泉徴収票
雇用保険被保険者証
敬老特別乗車証
高齢受給者証
高齢受給者証1点と保険証1点との組合せは不可。
高齢受給者証1点と年金手帳(証書)1点など、保険証以外のものと組合せてお持ちください。
公の機関が発行した資格証明書
旅行業法第12条の6第1項に基づく外務員証
外国人登録証明書(親権者等の場合)
IDカード(米軍人・軍属の家族である身分証明書)
発行者が公の機関ではないが、公的資格を証明する写真付きのもの(例:行政書士会発行の写真付き身分証明書)
身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされていないもの及び写真無しのものも可)
療育手帳
有効な外国旅券
写真付きキャッシュカード
写真付き通行証
運転経歴証明書(交付年月日が平成24年3月31日以前のもの)

このページの先頭に戻る

お問い合わせの前に
みなさまからよくいただくご質問を掲載しています。お問い合わせの前に是非ご覧ください。 よくあるご質問
お問い合わせは電話案内センターへ
電話:045-222-0022
※横浜市外からお掛けの方は、市外局番045をお忘れなくお願いします。
電話受付時間
月曜日・木曜日・金曜日・日曜日は、9時から17時まで。
火曜日・水曜日は、9時から19時まで。
休業日
土曜日・祝休日・年末年始(曜日にかかわらず12月29日から1月3日まで)
日曜日が祝日と重なる場合は電話受付していますが、年末年始の日曜日は休業です。
電話以外でのお問い合わせ
メールでのご質問は、パスポートの申請・受取手続等に関するお問い合わせフォームへ。
FAXでのご質問は、045-211-1251 にお問い合わせください。

このページの先頭に戻る