平塚保健福祉事務所 バリアフリー圏域普及・啓発事業

掲載日:2020年5月15日

バリアフリーの街づくりについて(保健福祉局地域福祉課ホームページ)

みんなのバリアフリー街づくり条例(保健福祉局地域福祉課ホームページ)

条例に基づき圏域での誰にもやさしいバリアフリー街づくりを目指します。

令和元年度みんなのバリアフリー街づくり圏域別普及・啓発事業、地域福祉コーディネーター養成・育成研修 講演会

  • タイトル 「地域支援のかたち ~5分100円の御用聞きがつくりだしたもの」
  •  
  • 内容 
  •  ・まちに生活する方の困りごとの掬い方
  •  ~生活のささくれが小さな障壁となって暮らしの彩を奪っていく
  •  ・豊富な事例に基づく独自の関わりとその取組み方
  •  ~”5分100円”から”ゴミ屋敷”の片づけまで「会話で世の中を豊かにする」
  •  ・御用聞きを支える担い手の集め方
  •  ~2年半で360余名の担い手の応募がある御用聞き。担い手が集まるその秘密とは
  •  
  • 講師 古市 盛久氏(株式会社御用聞き代表取締役社長)
  • 日時 令和2年1月9日(木曜日)14時~16時30分
  • 場所 平塚保健福祉事務所 3階 大会議室
  • 対象 湘南東部・湘南西部保健福祉圏域の福祉関係者及び御関心のある方
  • 定員 80名(先着順)
  • 申込方法 チラシ裏面申込書に必要事項をご記入の上、締切日までにファクシミリにてお申し込みください。
  • ファクシミリ 0463-35-4025
  • 締切り 令和2年1月6日(月曜日) 
  • その他 手話、要約筆記対応いたします。

詳細については チラシ(PDF:592KB) をご覧ください。

報告

平成28年度 バリアフリーの街づくり圏域別普及・啓発事業「バリアフリー出前福祉体験講座」の報告

1 目的

神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例及びバリアフリーの街づくり圏域別普及・啓発事業実施要領に基づき、誰もが安心して生活できる福祉のまちづくりを推進するため、交通バリアフリーを切り口に、児童が体験を通じて感じたことや、これから自分たちにできることを考え、ともに生きることのできる社会について啓発しました。

2 日時・場所・対象

日時:平成28年8月10日(水曜日)10時から12時
場所:二宮小学校体育館
対象:二宮学童コミュニティクラブ 在籍児童約50名

3 内容

バリアフリー出前福祉体験講座
(1)バリアフリーとは(座学)
(2)車いす体験
(3)高齢者疑似体験
(4)視覚障がい者体験(白内障体験・視野狭窄体験等) 
(5)ユニバーサルデザインについて 等

※ 当日の様子[PDFファイル/2.44MB]

4 講師

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団バリアフリー推進部企画調査課
課長 松原 淳氏、担当課長 竹島 恵子氏 

5 主催 平塚保健福祉事務所
協力 二宮町社会福祉協議会

お問合せ

平塚保健福祉事務所 保健福祉課
電話0463-32-0130 内線268
FAX0463-35-4025 

平成30年度講演会のチラシはこちら[PDFファイル/513KB](PDF:513KB)

平成28年度講演会のチラシはこちら[PDFファイル/98KB]
平成27年度講演会のチラシはこちら[PDFファイル/524KB]
平成26年度講演会のチラシはこちら[PDFファイル/459KB]
平成25年度講演会のチラシはこちら[PDFファイル/597KB]
平成24年度講演会のチラシはこちら[PDFファイル/325KB]

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa