土砂災害防止法について

掲載日:2019年2月1日
土砂災害防止法についてトップ画像

土砂災害防止法とは

 土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)とは、土砂災害から国民の生命及び身体を守るため、土砂災害が発生するおそれがある土地の区域を明らかにし、警戒避難体制の整備を図るなどのソフト対策を推進する法律です。

土砂災害防止法についてはここをクリック

土砂災害防止法についてはここをクリック [PDFファイル/6.05MB]

川崎市内の取り組み状況 

土砂災害警戒区域の指定について

 土砂災害警戒区域は、急傾斜地の崩壊等が発生した場合、住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で、市町村による警戒避難体制の整備などが行われます。
 平成31年1月31日現在、川崎市内では763区域を土砂災害警戒区域に指定しています。
 (麻生区306区域、多摩区179区域、宮前区166区域、高津区97区域、中原区8区域、幸区7区域)

土砂災害特別警戒区域(急傾斜地の崩壊)の指定について

 土砂災害特別警戒区域は、土砂災害警戒区域の範囲内で急傾斜地の崩壊が発生した場合、建築物に損壊が生じ、住民等の生命又は身体に『著しい危害』が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で、一定の開発行為の制限、居室を有する建築物の構造の規制などが行われます。 
 川崎市内では、平成30年2月から多摩区での基礎調査(現地調査)に着手しました。(今後、多摩区以外の区についても、現地調査に着手する予定です)。

 土砂災害防止法に基づく基礎調査結果に関する住民説明会の開催について(多摩区) 

 説明会についてはここをクリック(PDF:262KB) New

指定済みの土砂災害警戒区域を確認するには

 土砂災害警戒区域の範囲は、「ご利用上の留意事項」をご確認のうえ神奈川県土砂災害情報ポータルをご覧ください。なお、土砂災害警戒区域の指定図面は神奈川県土砂災害情報ポータルで確認することもできますが、川崎市内の最新情報については、川崎治水センター工務課急傾斜地公園班までお問い合せください。

 土砂災害警戒区域、土砂災害危険箇所マップ、神奈川県土砂災害警戒情報について

神奈川県土砂災害情報ポータルはこちら(神奈川県砂防海岸課リンク)

 神奈川県土砂災害情報ポータルにて土砂災害警戒区域を確認する方法はこちらを参考ください。

土砂災害警戒区域の確認方法はこちら [PDFファイル/180KB]

関連情報

雨量水位情報についてはこちら(神奈川県河川課リンク)

神奈川県の防災・災害情報についてはこちら(神奈川県安全防災局リンク)

よくある質問

 質問についてはここをクリック

 

⇒川崎治水センタートップページへ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる