若年性認知症の取組

掲載日:2019年6月28日

若年性認知症とは?

「若年性認知症」とは、65歳未満で発症した認知症のことです。

医学的には高齢者の認知症と違いはありませんが、若年性認知症は仕事・家事・子育てのキーパーソン世代に発症するものであり、さまざまな課題を抱えています。例えば、若年性認知症の人の配偶者が生計を支えながら主な介護者になることが多く、身体的にも経済的にも大きな負担を強いられることが考えられます。

平成21年3月に厚生労働省が発表した調査では、18から64歳人口における人口10万人当たりの若年性認知症者数は、47.6人であり、男性は57.8人、女性36.7人と男性が多く、全国における若年性認知症者数は、3.78万人と推計されました。

この調査結果によれば、平成23年1月末時点で、神奈川県内の若年性認知症者数は2,674人と推計されます。

若年性認知症について

若年性認知症支援コーディネーターについて

若年性認知症に関する研修

若年性認知症に関する調査

若年性認知症本人ミーティングについて

若年性認知症カフェ、本人・家族のつどいについて

若年性認知症利用者受入加算事業所一覧NEWアイコン

若年性認知症について知るために

若年性認知症の支援について(認知症介護研究・研修センターへのリンク)

若年性認知症コールセンター(認知症介護研究・研修大府センターへのリンク)

認知症の人と家族の会 神奈川県支部へのリンク

若年性認知症について(東京都ホームページへのリンク)

認知症の人と家族の会 神奈川県支部 若年期認知症の取り組みへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa