神奈川県子ども・若者支援連携会議

掲載日:2019年11月28日

新着情報

現在、掲載されている情報はありません。

神奈川県子ども・若者支援連携会議

神奈川県では、さまざまな不安や悩みを抱える子ども・若者への相談支援を効果的かつ円滑に行うため、子ども・若者育成支援推進法の基本理念に基づき、「神奈川県子ども・若者支援連携会議」を平成25年5月に設置し、国県市町村及び民間団体等の関係各課、各機関が連携して支援する体制を整えました。

kowakakaigi_scheme

神奈川県子ども・若者支援連携会議は、全体会議とブロック会議の変則2層構造で構成されています。各会議の組織及び検討内容は次のとおりです。

会議

主な検討内容

全体会議

  • 年1回の開催
  • 子ども・若者支援に関する施策等の検討、提案、調整
  • 子ども・若者に関する広い知識及び諸機関と連携できる資質を持った人材(相談員等)を養成する研修の設定
  • 連携会議の活動状況の評価

 

地域ブロック会議

  • 年1回以上、必要に応じて随時
  • 子ども・若者支援に関する地域課題の検討や会議の方向性や方針の検討
  • 子ども・若者総合相談に係る情報交換、情報共有
  • 事例研究
  • 啓発活動
  • 子ども・若者に関する広い知識及び諸機関と連携できる資質を持った人材(相談員等)を養成する研修活動

※既存の協議会等と重層的に連携します。

構成機関

神奈川県子ども・若者支援連携会議の主な構成機関等は、次のとおりです。

(1)国及び地方公共団体の機関

<福祉・保健・医療分野>

県市町村保健福祉医療関係主管課、県市児童相談所、県保健福祉事務所、市保健所、精神保健福祉センター、総合療育相談センター、発達障害支援センター

<教育分野>

県市町村教育委員会、県立学校長会議、総合教育センター、市町教育研究所

<雇用分野>

神奈川労働局、各ハローワーク、県市町村雇用関係主管課、かながわ若者就職支援センター、地域若者サポートステーション

<矯正・更生保護分野>

横浜少年鑑別所、横浜保護観察所、各少年院、県警少年相談・保護センター

<青少年分野>

県市町村青少年関係主管課、県市町子育て支援関係主管課、かながわ男女共同参画センター、県市町青少年センター

(2)特定非営利活動法人その他の団体

NPO法人子どもと生活文化協会、NPO法人フリースペースたまりば、NPO法人遊悠楽舎、NPO法人アンガージュマン・よこすか、NPO法人湘南市民メディアネットワーク、NPO法人そだちサポートセンター、NPO法人青少年サポート協会、NPO法人フリースクール鈴蘭学園、かたつむり、すばる、不登校・ひきこもり居場所あすなろ、さんまの会、神奈川県弁護士会

※ 構成機関は、今後、増える予定です。

設置要綱

関連情報

神奈川県では、さまざまな不安や悩みを抱える子ども・若者、その家族の方からの一次相談を電話で行っています。面接相談(要予約)もできます。
神奈川県内にある、子ども若者の支援を行っている機関に関する情報です。
ひきこもりに関する支援サイトです。
若者の就職支援に関する情報です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa