土砂災害防止法

掲載日:2020年8月21日

お知らせ

2020年8月21日 二宮町の基礎調査結果(告示図書(案))を公表しました。(別ウィンドウで開きます)

2020年1月31日 伊勢原市の基礎調査結果(告示図書(案))を公表しました。(別ウィンドウで開きます)

2020年1月31日 大磯町の基礎調査結果(告示図書(案))を公表しました。(別ウィンドウで開きます)

2020年1月24日 平塚市の土砂災害特別警戒区域等を指定しました。※一部、隣接する他の地域を含みます。(別ウィンドウで開きます)

土砂災害防止法

「土砂災害防止法」とは、土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害の恐れのある区域について危険の周知、警戒避難体制の整備、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等のソフト対策を推進するものです。

現在、神奈川県では、土砂災害に備えていただくため、土砂災害防止法に基づき、「土砂災害特別警戒区域」の指定(急傾斜地の崩壊)に向けた基礎調査(現地調査等)を進めています。急傾斜地の工事要望については急傾斜地崩壊対策事業のページをご覧ください。

平塚土木事務所管内の調査状況

※平塚土木事務所管内のがけ地における土砂災害警戒区域は、平成28年度までに指定を終えています。

平塚土木土砂法取り組み状況(令和2年8月)

指定区域(土砂災害特別警戒区域等)についてはこちらで検索できます→(神奈川県土砂災害情報ポータル)

指定状況(土砂災害特別警戒区域等)

市町村名

種類 土砂災害警戒区域等区域数
平塚市 土石流

19区域(うち特別警戒区域8区域)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

94区域(うち特別警戒区域94区域)

秦野市 土石流

100区域(うち特別警戒区域67区域)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

312区域(特別警戒区域は調査中)

伊勢原市 土石流

81区域(うち特別警戒区域59区域)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

199区域(特別警戒区域(案)公表中)

大磯町 土石流

20区域(うち特別警戒区域12区域)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

82区域(特別警戒区域(案)公表中)

二宮町 土石流

8区域(うち特別警戒区域3区域)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

44区域(特別警戒区域(案)公表中)

指定済みの土砂災害警戒区域等、および公表中の土砂災害特別警戒区域(案)は、砂防海岸課、平塚土木事務所、各市町担当課で閲覧できます。

神奈川県県土整備局関連各課ホームページ