土砂災害防止法

掲載日:2019年3月28日

お知らせ

2019年3月28日 土砂災害防止法に基づく、平塚市の基礎調査結果(区域調書(案))の公表について

2019年3月28日 平塚市の「土砂災害警戒区域等」に関する説明会の実施について(PDF:500KB)

土砂災害防止法

「土砂災害防止法」とは、土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害の恐れのある区域について危険の周知、警戒避難体制の整備、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等のソフト対策を推進するものです。

当事務所では、平成19年度より土砂災害防止法に基づく基礎調査及び土砂災害警戒区域等の指定を行っています。

土砂災害警戒区域等指定状況

市町村名 種類 土砂災害警戒区域等箇所数
平塚市 土石流

19箇所(うち特別警戒区域8箇所)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

91箇所(特別警戒区域(案)公表中)

秦野市 土石流

100箇所(うち特別警戒区域67箇所)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

312箇所(特別警戒区域は今後調査)

伊勢原市 土石流

81箇所(うち特別警戒区域59箇所)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

201箇所(特別警戒区域は調査中)

大磯町 土石流

20箇所(うち特別警戒区域12箇所)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

82箇所(特別警戒区域は調査中)

二宮町 土石流

8箇所(うち特別警戒区域3箇所)

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

44箇所(特別警戒区域は今後調査)

神奈川県県土整備局関連各課ホームページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。