土砂災害 ソフト対策(土砂災害防止法)

掲載日:2021年7月21日

土砂災害防止法とは

「土砂災害防止法」とは、土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害の恐れのある区域について危険の周知、警戒避難体制の整備、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等のソフト対策を推進するものです。

現在、神奈川県では、土砂災害に備えていただくため、土砂災害防止法に基づき、「土砂災害特別警戒区域等(急傾斜地の崩壊)」の指定(急傾斜地の崩壊)に向けた基礎調査(現地調査等)を進めています。

 

ソフト対策

平塚土木事務所管内の土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)指定に向けた取り組み状況 NEW

 

土砂災害防止法に基づく区域指定の流れ

土砂法_フローチャート

 

土砂災害警戒区域・特別警戒区域について

関連情報

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa