悪質商法目安箱について

掲載日:2018年3月14日

悪質商法に関する情報をお寄せください!

悪質商法目安箱

神奈川県では、特定商取引に関する法律及び神奈川県消費生活条例に基づき、訪問販売や電話勧誘販売等による不当な取引行為を行う事業者に対して、行政処分や行政指導を行っています。

このたび、不当な取引行為を行う事業者に関する情報収集を幅広く行い、法令に基づく事業者指導をより一層進めるため、「悪質商法目安箱」を新たに開設することとしました。

ご自身もしくはご家族等の身近な方が、事業者からの勧誘等で、少しでも不審に思ったり、おかしいと感じた場合は、是非、こちらの「入力フォーム」から通報(情報提供)してくださるようお願いいたします。
お寄せいただいた情報は、法令に基づく事業者指導の実施に役立てさせていただきます。

通報いただくにあたっての注意事項

  1. 通報者が県内在住・在勤・在学である必要はありません(主に被害者が県内在住・在勤・在学の場合を想定しています。)。
  2. 通報いただいた内容に対する調査状況や対応結果等については、お知らせできませんので、あらかじめご了承ください。
  3. 通報いただいた内容の詳細な状況等をお尋ねすることがあります。
  4. 契約の解約や返金等のご相談については、従来どおり、消費生活相談窓口でお受けしますので、お近くの消費生活相談窓口へご相談ください。

不当な取引行為の例

★「近所に工事に来たついでに、お宅の屋根を無料で点検してあげます。」と言って訪問して来た業者に、屋根の点検後、「屋根が腐っている。このままでは雨漏りするので、すぐにでも工事をした方がよい。」などと不安をあおられ契約してしまった。

★業者から「不用品の買取をしている。衣類や雑貨を買い取るので訪問させて欲しい。」と電話があり、訪問を了承した。後日業者が訪問し衣類や雑貨の査定後、「衣類や雑貨はほとんど価値がないので買い取れない。他に指輪やネックレスはないか。」と言い出し、「指輪などは売るつもりはない。」と断ったが、「少し見るだけだから。」などと言って強引に貴金属を買い取られてしまった。

★駅前で「美容に関するアンケートに答えて欲しい。無料で肌診断もやっている。」と業者に声をかけられ、サロンまで連れて行かれた。サロンで肌診断を受けた後、複数の営業員に囲まれて高額な化粧品の勧誘を長時間受け、契約するまで帰らせてもらえないと思い、契約した。

★大学の友人から「いいアルバイトがある。」と喫茶店に呼び出された。喫茶店で「この健康食品を別の人に紹介すれば、マージンが入る。別の人に紹介するためには入会金が必要。」と言われ、「お金がないから無理だ。」と断ろうとしたが、「絶対に儲かるから一緒にやろう。必要なお金は消費者金融の学生ローンで借りられるし、入会金で支払った分はすぐに取り返せる。」としつこく勧誘された。