ダイオキシン類対策のページ

掲載日:2018年12月17日

提供情報

 

ダイオキシン類に関する規定、手続き

法令・条例

ダイオキシン類対策特別措置法

神奈川県生活環境の保全等に関する条例

環境省のページを別ウインドウで開きます。
<条文>

<その他>

 

 

  • 条例第59条から第63条の3まで
  • 条例施行規則第50条から第56条の9まで

 

上記の条文は、次の「神奈川県例規集」第5編第1章「環境管理」からご覧いただけます。

 

神奈川県例規集

ダイオキシン類に関する手続き

一定規模以上の廃棄物焼却炉など、ダイオキシン類特別措置法に規定される特定施設を設置しようとする場合や、廃止しようとする場合などに必要な手続きをご紹介します。詳しくは次のページをご覧ください。

ダイオキシンに関する届出

このページの先頭へもどる

かながわのダイオキシン対策の概要

ダイオキシン対策レポート

ダイオキシン類などの化学物質に関する本県の対策や取組状況については、次のパンフレットをご覧ください。

(「かながわのダイオキシン対策」は平成20年度版以降、「かながわの化学物質対策」に統合されました。)

年度別一覧表

かながわの化学物質対策

(平成20年度~)

(旧)かながわのダイオキシン対策

ペンとノート

ダイオキシン類環境調査結果

本県では、国及び県内のダイオキシン類対策特別措置法政令市と連携し、県内の大気環境及び水域環境におけるダイオキシン類の調査を毎年実施しています。

(平成21年度以前の調査結果は「かながわの化学物質対策」又は「かながわのダイオキシン対策」をご覧ください。)

 直近3年間の調査結果
(記者発表資料)

※平成27年度の調査結果から、県及び政令市の測定結果をまとめて記者発表しています。

参考

株式会社荏原製作所藤沢事業所の焼却炉解体撤去工事における周辺大気環境調査の実施について

このページの先頭へ戻る

ダイオキシン類対策特別措置法に基づく自主測定結果

ダイオキシン類対策特別措置法第28条第1項から第3項の規定に基づき、廃棄物焼却炉などの設置者は、その設置した施設の排出ガス中のダイオキシン類濃度などを、毎年1回以上自主測定し、その結果を知事(横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市にあっては市長。)に報告することとされています。

また、知事は、同条第4項の規定に基づき、報告を受けた測定結果を公表することとされています。(各年度の測定結果は次の表からご覧いただけます。)工場

年度別自主測定結果一覧表

このページの先頭へもどる

関連情報

 

 


本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる