平成20年度実績版「かながわ水源環境保全・再生の取組の現状と課題」(点検結果報告書)

掲載日:2018年4月1日

「かながわ水源環境保全・再生の取組の現状と課題」-水源環境保全税による特別対策事業の点検結果報告書-(平成20年度実績版)が、平成22年2月15日に水源環境保全・再生かながわ県民会議副座長から、神奈川県環境農政部長に手交されました。

報告者

手交式

水源環境保全・再生かながわ県民会議
副座長
新堀 豊彦 氏(神奈川県自然保護協会 理事長)
施策調査専門委員会委員長
田中 充 氏(法政大学大学院 政策科学研究科 教授)
市民事業専門委員会委員長
沼尾 波子 氏(日本大学経済学部 教授)

報告書について

「かながわ水源環境保全・再生の取組の現状と課題」
-水源環境保全税による特別対策事業の点検結果報告書-(平成20年度実績版)

県民会議は、「かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」に位置付けられた12の特別対策事業について、実施状況を点検・評価し、その結果を県民に分かりやすく情報提供する役割を担っています。

第1期の県民会議(任期:平成19~20年度)により、平成21年3月に当該期間を総括する趣旨で、点検結果報告書が作成されたところですが、このたび、第2期の県民会議(任期:平成21~23年度)により、平成20年度の事業実績を反映した標記報告書が取りまとめられました。

今後の対応

県として報告書に記載された内容の水源環境保全・再生施策への反映について、検討してまいります。

目次

はじめに・点検結果の見方(PDF535KB)

各事業の点検結果

付表・図(PDF616KB)

このページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。