事業の全体像

掲載日:2018年4月1日

水源環境を保全・再生するため、「水源環境保全・再生施策大綱」の施策体系に基づき、一般会計等により平成17年度以前から取り組んでいる事業と実行5か年計画に位置付けられた特別対策事業により、総合的な取組を行っています。

第3期実行5か年計画の5年間(平成29から33年度)に県、市町村、利水者などが取り組む事業の全体像とその事業実績を紹介します。

施策体系

大柱 中柱 小柱
自然が持つ水循環機能の保全・再生 1 森林の保全・再生 水土保全の基盤整備
広域的水源林の整備
地域水源林の整備
森林資源の有効活用
森林保全の担い手確保
2 河川の保全・再生 河川の環境整備
ダム湖の環境整備
3 地下水の保全・再生 地下水の保全・再生
水源環境への負荷軽減 4 水源環境への負荷軽減 生活系水質汚濁負荷の軽減
生活系以外の水質汚濁負荷の軽減
水の効率的利活用
水源環境保全・再生を支える取組 5 県外上流域対策の推進 県外上流域対策の推進
6 水源環境保全・再生を支える活動の促進 上下流連携の推進
水環境教育・学習の推進
7 水源環境保全・再生を推進する仕組み 総合的な水環境調査の実施
県民の意志を基盤として施策を推進する新たな仕組み
市町村の取組を促進する仕組み
 

事業の全体像(構成事業の一覧)は「第3期実行5か年計画」の参考ページをご覧ください。 

このページの先頭へ戻る

これまでの取組

水源環境保全・再生施策全体事業費(既存財源活用事業)

事業実績

このページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。