1.水源の森林づくり事業の推進

掲載日:2018年4月1日

水源かん養など森林の持つ公益的機能を向上させるため、森林の状況に応じた管理・整備の推進、人材育成を行います。

本事業は、平成9年度から一般会計で実施している水源の森林づくり事業を拡充、加速化して取り組んでいます。

対象地域 

水源の森林エリア

水源の森林づくり実績地図

 

(画像は平成19から28年度実績)

事業内容

水源林の確保

6つの手法による公的管理・支援を行い、私有林の着実な確保を推進します。

水源林の整備

確保した水源林を、巨木林、複層林、混交林などの目標林型に向け、整備します。

荒廃した人工林の写真手入れがされている人工林の写真

<荒廃した人工林と手入れがされている人工林>

※6つの手法や、目標林型については、水源の森林づくり事業のページをご覧ください。

かながわ森林塾の実施

新規就労者の安定的確保のため、「かながわ森林塾」を実施します。

かながわ森林塾の写真

 

第3期5か年計画

事業計画

水源林確保面積 : 2,700ヘクタール
水源林整備面積 : 13,400ヘクタール
新規就労者数 : 50人

事業費

128億7,500万円(単年度平均額25億7,500万円)
うち水源環境保全税充当額:62億4,400万円(単年度平均額12億4,900万円)

このページの先頭へ戻る