更新日:2022年4月11日

ここから本文です。

第4期かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画

第4期かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画を紹介します

県では、平成19年度からの20年間にわたる水源環境保全・再生の取組全体を示す「かながわ水源環境保全・再生施策大綱」と、この施策大綱に基づき第1期から第3期まで「かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」を策定し、個人県民税の超過課税(水源環境保全税)を活用し、特別な対策を推進してきました。

第1期から第3期の取組で森林では下草の生長が見られ、ダム湖上流の地域では生活排水処理率が向上するなど、効果が現れてきています。一方、昨今の集中豪雨のように、今後も土砂災害の頻発化、激甚化が懸念されることから、こうした台風等の自然災害を見据え、水源かん養機能の発揮に重要な役割を果たす森林の土壌保全など、林地保全対策を強化する必要があります。施策の最終目的である「良質な水の安定的確保」に向けては、長期の継続的な取組が必要です。そこで、「第4期かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」を策定し、令和4年度以降も特別な対策を継続することとしました。

※ 5年間の新規必要額(充実・強化して取り組む特別対策の事業費)の総額:約219億円(単年度平均約43億円)

このページの先頭へ戻る


「第4期かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」

表紙・ごあいさつ・目次・はじめに(PDF:410KB)

第1章 5年間の取組の進め方(PDF:705KB)

1 水源環境保全・再生の取組の基本認識
2 計画の基本事項

第2章 水源環境の保全・再生に向けた特別の対策(PDF:3,542KB)

1 第1期から第3期計画の成果と課題、第4期計画における特別の対策
2 第4期計画における特別の対策事業の内容
 1 水源の森林づくり事業の推進
 2 丹沢大山の保全・再生対策
 3 土壌保全対策の推進
 4 間伐材の搬出促進
 5 地域水源林整備の支援
 6 河川・水路における自然浄化対策の推進
 7 地下水保全対策の推進
 8 生活排水処理施設の整備促進
 9 相模川水系上流域対策の推進
 10 水環境モニタリングの実施
 11 県民参加による水源環境保全・再生のための仕組み

第3章 事業費と財源措置(PDF:464KB)

1 「第4期実行5か年計画」の事業費及び新規必要額
2 水源環境保全・再生に向けた特別対策の財源措置の考え方

参考(PDF:550KB)

1 5年間に取り組む事業の全体像
2 次期「かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」に関する意見書
3 第4期計画のとりまとめ経過

一括ダウンロード(PDF:4,548KB)

このページの先頭へ戻る


とりまとめ経過

このページの先頭へ戻る

広報資料

 

このページの先頭へ戻る

過去の5か年計画

このページの先頭へ戻る

このページの所管所属は環境農政局 緑政部水源環境保全課です。