スカイパトロールを開始しました

スカイパトロールイメージ動画

不法投棄の監視を強化するため、ドローンを活用したスカイパトロール(プラスチックごみ等の不法投棄パトロール)を開始しました。

掲載日:2020年2月3日

事業概要

海洋プラスチックごみの多くが河川から海に流出したものと言われており、河川から海に流れ出る前に早期に発見、回収する必要があります。

そこで、令和2年1月から、県職員が従来の自動車での不法投棄パトロールに加えて、相模川、中津川流域で小型ドローンを使った空からのスカイパトロールを開始しました。

発見したプラスチックごみ等は河川などの管理者に引き継ぐとともに、かながわプラごみゼロ宣言の賛同企業、地元自治体、ボランティア団体等と連携したクリーン活動につなげていきます。

令和元年度は、相模川、中津川流域で、モデル的に週1回程度のパトロールを行い、令和2年度以降は県内の他の河川にも展開していきます。

【記者発表】令和元年12月24日

プラごみゼロを目指し、スカイパトロールや民間連携による監視の目を増やします

(参考)

小型ドローン:航空法で定める無人航空機(構造上人が乗ることができない機器であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの)に該当しない、重量が200グラム未満の小型無人航空機(ドローン)

 

スカイパトロール隊員(県職員)によるパトロール状況

スカイパトロール中

河川敷には容易に車で立ち入れる場所が少ない他、藪(やぶ)が生い茂っているため、人の目線だけではごみを発見しづらく、パトロールの範囲も限定されていました。

小型ドローンを活用して空からパトロールをすることで、死角がなくなり、プラスチックごみ等を早期に発見することが期待されます。

 

不法投棄スカイパトロール実施中ステッカー

スカイパトロール中マグネット

スカイパトロール中は、周知のため、監視パトロール車に「不法投棄 スカイパトロール実施中」のマグネットステッカーを貼付しています。

 

スカイパトロールイメージ動画の使用音楽

動画中の音楽は、著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 様から使用許可をいただきました、曲名「冒険者」を使用しています。