指定医について(指定難病医療費助成制度)

掲載日:2018年5月11日

神奈川県が指定した指定医について(平成30年3月30日現在)

指定難病の医療費の支給認定を受けるためには、都道府県又は政令指定都市が指定した指定医が記載した臨床調査個人票の提出が必要です。

臨床調査個人票の記載を医師に依頼する際は、医師が指定医となっているかを確認した上で依頼してください。

指定医には2種類あります。

難病指定医…新規申請及び更新申請に必要な臨床調査個人票を記載することができる医師

協力難病指定医…更新申請に必要な臨床調査個人票を記載することができる医師次のエクセルファイルには神奈川県が指定した指定医の一覧が掲載されています。

神奈川県 難病指定医一覧(30年5月7日時点)[Excelファイル/835KB](エクセル:835KB)

エクセルファイルが開けない場合、こちらのPDFファイル[PDFファイル/6.73MB](PDF:6,931KB)をご覧ください。

神奈川県 協力難病指定医一覧(30年3月16日時点)[Excelファイル/274KB]

エクセルファイルが開けない場合、こちらのPDFファイル[PDFファイル/629KB]をご覧ください。

なお、上の一覧表に掲載がなくても、他の都道府県又は政令指定都市で指定を受けている可能性があります(指定医は、医師が主に勤務する医療機関の所在地の都道府県に申請をすることとなっております)。指定の状況については、各都道府県のホームページをご覧いただくか、医師に直接お問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019