かながわ自殺対策計画が策定されました。

掲載日:2019年6月18日

自殺対策キャラクター

計画策定の趣旨等

神奈川県では、全国で年間約3万人の方が自ら命を絶つという深刻な状況が続いている中、自殺対策を総合的に推進するため、様々な分野の関係機関・団体により構成される「かながわ自殺対策会議」を平成19年8月に政令指定都市と共同して設置し、自殺対策を総合的に検討しながら、自殺対策の推進体制の整備や普及啓発、相談事業などの対策を実施しています。

今後も様々な分野の方や関係機関の連携により「健康で生きがいをもって暮らすことのできる社会の実現」と「孤立しない地域づくり」をめざし、自殺対策をさらに総合的かつ効果的に推進するため、このたび、自殺対策の基本的考え方、方向性、重点施策などを内容とする「かながわ自殺対策計画」を策定しました。


かながわ自殺対策計画

計画の概要

計画の性格

  • 自殺対策基本法に基づく法定計画である「都道府県自殺対策計画」とし、県の総合計画を支える個別計画として位置づける計画とする。
  • 平成23年3月に策定した、「かながわ自殺総合対策指針」と整合を図る。なお、本計画策定に伴い、「かながわ自殺総合対策指針」は廃止とする。
  • 県が策定した他の計画等との整合を図った計画とする。

計画の期間

 平成30年度から平成34年度までの5年間

計画の対象区域

 県内全市町村

全体目標

  • 自殺を考えている人を、一人でも多く救うことをめざす。
  • 数値目標:自殺死亡率(人口動態統計)を平成28年の14.6から、5年間で、15%以上減少させ、平成33年に12.4以下にする。

推進体制

県内の様々な関係機関や民間団体、行政機関で構成された「かながわ自殺対策会議」により、情報共有、連携強化を図り、自殺対策を総合的に推進する。

内容構成

第1章 はじめに

  1. 計画策定の趣旨
  2. 計画の性格
  3. 計画期間
  4. 計画の対象区域

第2章 計画策定の背景

  1. 自殺をめぐる現状
  2. かながわ自殺総合対策指針の分析・評価(平成23年度から平成28年度)

第3章 取組みの方向性

  1. 計画の基本理念
  2. 計画の基本方針
  3. 全体目標
  4. 施策体系

第4章 施策展開

  1. 地域の自殺の実態を分析する
  2. 自殺対策に関する普及啓発を推進する
  3. 早期対応の中心的役割を果たす人材(ゲートキーパー)を養成する
  4. あらゆる場面において、こころの健康づくりを進める
  5. ICTの活用も含めた若年者への支援を進める
  6. 労働関係における自殺対策を進める
  7. うつ病対策を進める
  8. ハイリスク者対策を進める
  9. 社会的な取組み、環境整備を進める
  10. 自殺未遂者支援を進める
  11. 遺された人への支援を進める
  12. 関係機関・民間団体との連携を強化する

第5章 推進体制及び進行管理

  1. 推進体制
  2. 進行管理
  3. 計画の目標値

資料編


関係資料等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。