第7回神奈川県バリアフリー街づくり賞

掲載日:2018年6月20日

受賞の概要

ハード部門2件、ソフト部門2件に決定しました。

ハード部門受賞

リサイクルプラザ藤沢

気付きやすく色付けした床や、小学生等の見学を考慮した高さの見学窓など、誰もが見学しやすい環境を整えた廃棄物処理の見学施設

【被表彰者】1 藤沢市(設置者)
2 川崎重工業株式会社(設計者)
3 株式会社安藤・間 首都圏建築支店(施工者)

【所在地】 藤沢市

 施設の外観
 床の色付けにより気付きやすく配慮した見学コーナー

<施設の外観> <床の色付けにより気付きやすく配慮した見学コーナー>

愛川町健康プラザ

設計図面にバリアフリーチェック項目を記入するなど、利用者の安全・分かりやすさにきめ細かく配慮した地域の保健活動施設

【被表彰者】1 愛川町(設置者)
2 株式会社小林建築事務所(設計者)
【所在地】 愛川町

 施設の外観
 分かりやすい動線と開放感のあるエントランスホール

<施設の外観> <分かりやすい動線と開放感のあるエントランスホール>

 

ソフト部門受賞

ふれあい交流会 街並み点検

生活道路を中心に街並みを点検するとともに、交代で車いす体験を行うことにより、道路のバリアフリー化や地域での支え合いなど、誰にもやさしい街づくりを実現

【被表彰者】 光が丘地区社会福祉協議会(相模原市)

 「街並み点検」の様子
 「街並み点検」の振り返り

<「街並み点検」の様子> <「街並み点検」の振り返り>

聴導犬の育成及び啓発活動

捨てられた犬たちから聴導犬を育成するとともに、聴覚障害者とともに普及啓発に取り組み、聴覚障害者の社会参加に貢献

【被表彰者】 特定非営利活動法人聴導犬育成の会(鎌倉市)

 聴導犬「ぜろ」
 自転車が近付いたことを教えるトレーニング

<聴導犬「ぜろ」> <自転車が近付いたことを教えるトレーニング>


表彰式

次のとおり、表彰式を実施しました。

日 時 平成27年2月4日(水曜日) 午後1時00分から午後1時45分

場 所 神奈川県庁新庁舎5階 第5会議室

<表彰後の副知事と受賞者>

表彰式後の副知事と受賞者

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる