第6回神奈川県バリアフリー街づくり賞

掲載日:2018年6月20日

受賞の概要

ハード部門2件、ソフト部門2件に決定しました。

ハード部門受賞

みはらしポンテ

地域住民や関係団体などで構成された建設委員会を通じて、多くの方々から意見を聞き、様々な先進的なバリアフリー整備を行った福祉施設

【被表彰者】1 社会福祉法人みはらし(設置者)
2 株式会社日生建築計画研究所(設計者)
3 株式会社紅梅組(施工者)

【所在地】 横浜市中区

 施設の概観
 様々なバリアフリー整備

<施設の外観> <左上:色と素材の違いによる誘導>
<右上:段ごと、フロアごとの色分け>
<左下:床の色による仕切り、見やすく配慮したコーナーガード>
<右下:寝たまま使用できるトイレ>

第一生命新大井事業所

高度なセキュリティーを確保する一方で、すべての従業員や地域住民にきめ細かく配慮し、働きやすくかつ地域社会に貢献する事業所

【被表彰者】1 第一生命保険株式会社(設置者)
2 株式会社竹中工務店(設計者)
3 株式会社竹中工務店・日本建設株式会社JV(施工者)

【所在地】  大井町

 施設の概観
 従業員の誰もがくつろげるリフレッシュ空間

<施設の外観> <従業員の誰もがくつろげるリフレッシュ空間>

 

ソフト部門受賞

湘北地区の地域福祉を考える懇談会

「まちたんけん」をきっかけに、障害者や高齢者も含めた地域住民同士の交流が深まり、日々の挨拶や地域での支え合いといった「心のバリアフリー」の実現に発展

【被表彰者】 湘北地区社会福祉協議会(茅ヶ崎市)

 「まちたんけん」の様子
 「まちたんけん」の振り返り

<「まちたんけん」の様子> <「まちたんけん」の振り返り>

「愛マップ」の作成及び「知的障害児者サポーター」養成の取組み

「愛マップ」の作成や「知的障害児者サポーター制度」の仕組みづくりに取り組み、障害者が住みなれた街で安心して暮らせる環境を生成

【被表彰者】 愛川町社会福祉協議会愛川の底力住民委員会(愛川町)

 愛マップ
 知的障害者サポーターのいるお店

<愛マップ> <知的障害者サポーターのいるお店>


表彰式

次のとおり、表彰式を実施しました。

日時 平成26年2月6日(木曜日) 午前10時00分から午前10時40分

場所 神奈川県庁新庁舎5階 第5会議室

<表彰後の知事と受賞者>

表彰式後の知事と受賞者

   

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる