みんなのバリアフリー街づくり条例

掲載日:2018年6月20日

本県では、障害者等が自らの意思で自由に移動し、社会参加することができるバリアフリーのまちづくりを目指して平成8年に「神奈川県福祉の街づくり条例」を施行し、だれもが住みよいまちづくりに取り組んでまいりました。

その後、急速な少子高齢化の進展やバリアフリーに対する県民の皆様の関心の高まりなどを受けて、バリアフリーのまちづくりの一層の推進を図るため規則改正を行い、平成14年4月から新しい整備基準を適用することとしました。

さらに、平成20年12月には、少子高齢化の進行やバリアフリー法の制定など社会状況の変化に対応するため、条例を一部改正し、名称も「神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例」としました。

  • 条例の適用区域
横浜市、川崎市を除く※県内31市町村については、県条例が適用となります。(→審査窓口はこちら
※横浜市と川崎市はそれぞれ独自に「福祉のまちづくり条例」を施行しており、県条例は適用されません。

みんなのバリアフリー街づくり条例及び施行規則

※「みんなのバリアフリーまちづくり整備ガイドブック」(条例の概要や整備基準の解説等)はこちら

※条例に基づく事前協議等の様式はこちら

これまでの改正内容

みんなのバリアフリー街づくり条例

平成25年1月11日施行(意見募集なし)

平成21年10月1日施行

みんなのバリアフリー街づくり条例施行規則

平成30年10月1日施行(一部平成30年4月1日施行)

平成29年10月1日施行(一部平成29年4月1日施行)

平成28年4月1日施行(意見募集なし)

平成28年4月1日施行(意見募集なし)

平成26年10月1日施行(意見募集なし)

平成26年4月1日施行(意見募集なし)

平成25年4月1日施行(意見募集なし)

平成24年4月1日施行(意見募集なし)

平成23年10月1日施行(意見募集なし)

平成21年4月1日施行

平成20年10月1日施行(意見募集なし)

平成19年10月1日施行(意見募集なし)


各種会議

過去に開催した会議



アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。 アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019