第10回神奈川県バリアフリー街づくり賞

掲載日:2018年6月20日

受賞の概要

ハード部門2件、ソフト部門2件に決定しました。

ハード部門受賞

 平塚市港こども園

設計段階から施設利用者となる職員からヒアリングを行うなど、利用者の使い方に配慮した複合用途施設

【被表彰者】1 平塚市(設置者)
2 共同設計株式会社(設計者)
3 匠建設株式会社(施工者)

【所在地】 平塚市

 施設の外観
 スロープを併設したエントランス

  <施設の外観> <スロープを併設したエントランス>

三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚

歩道との接続をなだらかなスロープにより行うなど、建物内外で利用者の導線に配慮した複合用途施設

【被表彰者】1 三井不動産株式会社(設置者)
2 三井住友建設株式会社(設計者・施工者)

【所在地】 平塚市

 施設の外観
 歩道となだらかに接続

<施設の外観> <歩道となだらかに接続>

 

ソフト部門受賞

視覚障がい者向けサービスとメイクセミナー開催

触れることで商品の区別ができる独自のシールの開発や、視覚障がい者向けにメイクセミナーを開催するなど、視覚障がい者の社会参加に貢献

【被表彰者】 株式会社ファンケル(横浜市)

 タッチマークシール
 メイクセミナーの様子

<独自のタッチマークシール>   <メイクセミナーの様子>

視覚障がい者の社会参加の支援や普及啓発活動

視覚障がい者の活動の幅を広げるために宿泊研修などを開催するとともに、各種研修へ協力するなど、視覚障がい者の社会参加に貢献

【被表彰者】 特定非営利活動法人 磯子区視覚障害者福祉協会(横浜市)

宿泊研修の様子
 研修の様子

<宿泊研修の様子> <研修の様子>


表彰式

次のとおり、表彰式を実施しました。

日 時 平成30年2月6日(火曜日) 午前10時15分から午前10時45分

場 所 神奈川県庁新庁舎5階 第5会議室

<表彰後の保健福祉局長と受賞者>

受賞後の保健福祉局長と受賞者

 


このページの先頭へもどる

本文ここで終了

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa