第8回神奈川県バリアフリー街づくり賞

掲載日:2018年6月20日

受賞の概要

ハード部門5件、ソフト部門1件に決定しました。

ハード部門受賞

リーフィアレジデンス開成

設計段階から障害当事者にヒアリングを行い、模型による検証等を重ねるなど、利用者の視点を重視した共同住宅

【被表彰者】1 小田急不動産株式会社(設置者)
2 株式会社フジタ(設計者・施工者)

【所在地】 開成町

 施設の外観
 施設の内観など

  <施設の外観> <左上:スロープと階段を設置したエントランスホール>
<右上:身障者駐車場>
 <右中:みんなのトイレ>
 <右下:歩道との段差を解消したアプローチスロープ>

ビナフロント

駅直結で誰もが利用しやすい立地環境と様々な利用者に配慮した広めの導線を備えた複合用途施設

【被表彰者】1 小田急電鉄株式会社(設置者)
2 株式会社大林組(設計者・施工者)
【所在地】 海老名市

 施設の外観
 駅と直結した開放感のあるプラザ

<施設の外観> <駅と直結した開放感のあるプラザ>

児童発達支援センターバンビ

気づきやすく色分けした廊下やドアなど、利用する児童にとっての安全性や使いやすさに配慮した児童療育施設

【被表彰者】1 社会福祉法人慈恵療育会(設置者)
2 アトリエアップルズ株式会社(設計者)

【所在地】 相模原市

 施設の外観
 施設の内観

<施設の外観> <視認性を高めた廊下やドアの配色と
握りやすい二段手すり>

海老名市営上河内住宅

車いす利用者向けの住戸整備や見守り窓の設置など、高齢者や障害者にやさしい公営住宅

【被表彰者】1 海老名市(設置者)
2 株式会社市浦ハウジング&プランニング(設計者)
3 株式会社門倉組(施工者)
【所在地】 海老名市

 施設の外観
 住戸の位置を認識しやすい3色のサイン壁

<施設の外観> <住戸の位置を認識しやすい3色のサイン壁>

かながわ信用金庫綾瀬支店

高齢者や障害者でも使いやすい自動貸金庫システムの整備や認知症サポーターの配置など、ハード・ソフト両面から優れた店舗づくり

【被表彰者】1 かながわ信用金庫(設置者)
2 ミーズ設計連合協同組合(設計者)
3 株式会社大神設備工業(施工者)

【所在地】 綾瀬市

 施設の外観
 車いすでも入れる貸金庫室

<施設の外観> <車いすで入れる貸金庫室>

 

ソフト部門受賞

 知的障害・発達障害の子ども達への理解者を増やすための公演活動

知的障害や発達障害がある子ども達の母親ならではのアイデアで障害への理解を深める公演を行い、心のバリアフリーの普及に貢献

【被表彰者】 座間キャラバン隊(座間市)

 公演の中の「体験コーナー」の様子
 公演のDVDと公演の台本を基に作成した本

<公演の中の「体験コーナー」の様子> <公演のDVDと公演の台本を基に作成した本>


表彰式

次のとおり、表彰式を実施しました。

日 時 平成28年2月8日(月曜日) 午前10時00分から午前10時50分

場 所 神奈川県庁新庁舎5階 第5会議室

<表彰後の副知事と受賞者>

表彰後の副知事と受賞者

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる