ともに生きる社会かながわ推進週間

掲載日:2018年8月1日

週間_トップ

ともに生きる社会かながわ推進週間

県では、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念を広めていくため、平成29年から、津久井やまゆり園事件の発生した7月26日を含む週の、月曜日から日曜日までの1週間を「ともに生きる社会かながわ推進週間」として定めました。

平成30年度は、7月23日から29日の期間で実施しました。

平成29年度の取組はこちらから

取組内容

新聞への広告掲載
  • 7月26日に読売新聞及び毎日新聞で、ともに生きる社会かながわ推進週間の広告掲出を行いました。
交通広告等
  • 小田急全線、東急主要路線及びJR横浜線の車内ビジョンや、JR横浜駅のデジタルサイネージでPR動画の放映を行いました。
  • 県内ターミナル駅を中心に、駅貼りポスターを掲示しました。
インターネット広告
  • Facebook、YouTube等に15秒のPR動画を掲載しました。

Tシャツの着用による普及啓発
  • 「ともに生きる」をPRするため、窓口業務等に従事している県職員がTシャツを着用して執務を行いました。
チラシ配布及びポスター掲示
  • 期間中に開催する歌舞伎鑑賞教室等のイベントでチラシ配付やポスターのPRを行いました。

※津久井やまゆり園の再生に向けた取組は、こちらをご参照ください。