ともに生きる社会かながわ推進週間(平成29年度)

掲載日:2018年7月9日

週間

ともに生きる社会かながわ推進週間

県では、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念を広めていくため、平成29年から、津久井やまゆり園事件の発生した7月26日を含む週の、月曜日から日曜日までの1週間を「ともに生きる社会かながわ推進週間」として定めました。

平成29年は、7月24日から7月30日の期間で実施しました。

取組内容

新聞への広告掲載
  • 7月26日に朝日新聞及び読売新聞で、ともに生きる社会かながわ推進週間の広告掲出を行いました。
交通広告等
  • 小田急全線、東急主要路線及びJR横浜線の車内ビジョンや、JR横浜駅、東急電鉄菊名駅、溝の口駅及び武蔵小杉駅でPR動画の放映を行いました。
  • 県内ターミナル駅を中心に、駅貼りポスターを掲示しました。
インターネット広告
  • Facebook等に15秒のPR動画を掲載しました。
週間
Tシャツの着用による普及啓発
  • 「ともに生きる」をPRするため、窓口業務等に従事している県職員がTシャツを着用して執務を行いました。
チラシ配布及びポスター掲示
  • 期間中に開催する、かながわ食育フェスタ、夏休み安全・安心キャンペーン等県主催イベントの他、市町村主催のイベントでチラシ配付やポスターのPRを行いました。 

 

 

 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。