食品関係の営業を始められる方へ

掲載日:2019年1月25日

食品関係の営業を始められる方へ

食品に関する営業を始められる方は、食品衛生法による許可又は届出が必要です。

小田原市、箱根町、真鶴町及び湯河原町で営業を始められる方は、小田原保健福祉事務所食品衛生課に来所又は電話により直接ご相談ください。

例えば、飲食店、魚介類販売、食肉販売及び乳類販売等の営業は、許可が必要になります。

新規開店までの手続き

1 事前相談

営業施設の概要図(シンク、手洗い等の調理場内設備の配置がわかる寸法入りの平面図)を持参のうえ、申請者本人が来所してください。

概要図で施設基準に適合しているかを確認します。

2 施設工事着工

途中で工事内容に変更が生じた場合は、その都度相談してください。

事前相談で施設基準に適合しているかを確認した後、着工していただくことをお勧めします。

3 営業許可申請

施設工事完成予定の概ね2週間前に申請してください。

その時に施設検査日の調整をします。

必要書類

申請書(保健福祉事務所に用意してありますが、下のリンクからダウンロードすることもできます。)

申請、届出様式等のダウンロード

営業施設の概要図(シンク、手洗い等の調理場内設備の配置がわかる寸法入りの平面図)

営業施設周辺の見取り図(地図)

食品衛生責任者の資格を証明する書類(原本)

例)調理師免許証、製菓衛生師免許証、ふぐ包丁師免許証、食品衛生責任者養成講習会の修了証書等

原本は、確認後お返しします。

申請手数料(次の項を参照)

登記事項証明書(原本)

法人で申請する場合に6ヶ月以内の原本が必要となります。原本は確認後お返しします。

水道水以外の水を使用している場合は、登録検査機関の水質検査結果(原本及びコピー)

採水日の翌日から6ヶ月以内の検査結果の証書が必要となります。

原本は確認後お返しします。

製造方法の概要

製造業、加工業の場合に必要となります。

4 施設検査

申請者自身が必ず立ち会ってください。

不備の場合は、改善工事後に再検査を行ってからの許可となります。

5 許可

施設検査の結果、不備がなければ許可になります。

6 営業開始

7 営業許可証交付

指定した「新規営業者講習会」の受講日に営業許可証をお渡しします。

営業許可証をお急ぎの場合は、施設検査時にご相談ください。

営業許可新規手数料一覧

業種 手数料
飲食店営業 16,040円
喫茶店営業 9,640円
菓子製造業 14,040円
豆腐製造業 14,040円
めん類製造業 14,040円
総菜製造業 21,040円
乳類販売業 9,640円
食肉販売業 9,640円
魚介類販売業 9,640円
魚介類行商 4,940円
発酵乳販売業 4,940円
 

その他の業種については来所又は電話により直接お問合せください。

 

お問合せ先

  • 小田原保健福祉事務所 生活衛生部食品衛生課
  • 電話 0465-32-8000 内線3282から3285

このページの先頭へもどる

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa