更新日:2022年9月2日

ここから本文です。

拉致問題を風化させない取組

北朝鮮当局による拉致問題を風化させないための神奈川県の取組をご覧いただけます。

タペストリー1

拉致問題を風化させない取組

  • 県では、北朝鮮による拉致事件が一刻も早く解決されることを願い、「拉致被害者・家族義援金委員会」が行う義援金募集活動などに協力を行うとともに、全国知事会などを通じ全国の都道府県の総意としての要望を国に提出するなど、拉致問題を風化させない取組を行っています。
  • なお、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」(PDFファイル)が平成18年6月16日に成立、同年6月23日に公布・施行され、毎年12月10日から同月16日までが「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定められました。県では、こうした法律の施行も踏まえながら、引き続き拉致問題に関する県民世論が高まるよう努めてまいります。

 

目次

 北朝鮮による拉致問題とは

1970年代から80年代にかけて北朝鮮による日本人拉致が多発し、現在、政府は17名を拉致
被害者として認定しています。また、政府が認定した拉致被害者以外にも、拉致の可能性を排除
できない人たちがいます。
平成14年9月の第1回日朝首脳会談において、北朝鮮は日本人を拉致したことを認め、謝罪
しました。その後、5人の拉致被害者が帰国されましたが、残りの拉致被害者については、帰国
の途についていません。

詳しくは下記ページをご覧ください。
「北朝鮮による日本人拉致問題」(政府拉致問題対策本部ホームページへリンク)(別ウィンドウで開きます)

「目次」に戻る

拉致問題に関する各種資料(映像等)

拉致問題活動啓発資料

政府拉致問題対策本部ホームページで、各種冊子、映像資料(「拉致被害者ご家族ビデオメッセージ」「アニメ「めぐみ」」ほか)等がご覧いただけます。

詳しくはこちら(政府拉致問題対策本部ホームページへリンク)(別ウィンドウで開きます)

アニメ「めぐみ」について

animemegumi
©政府拉致問題対策本部

北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」は、昭和52年、当時中学1年生だった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いた25分のドキュメンタリー・アニメです。(日本語版については、短縮版もあります。)

政府インターネットテレビで無料で視聴できるほか、無料ダウンロードも可能です。

詳しくはこちら(政府拉致問題対策ホームページへリンク)(別ウィンドウで開きます)

視聴はこちら(政府インターネットテレビへリンク)(別ウィンドウで開きます)

「目次」に戻る

YouTube拉致問題対策本部公式動画チャンネル

YouTube拉致問題対策本部公式動画チャンネル(政府拉致問題対策ホームページへのリンク)(別ウィンドウで開きます)

「目次」に戻る

あさがおの会ホームページ VR写真展「めぐみちゃんと家族のメッセージ

asagaoVRbanner

あさがおの会ホームページ(別ウィンドウで開きます)

横田めぐみさんとご家族の写真をご覧いただけます。(言語選択後、HOME画面にバナーがあります。)

※「あさがおの会」とは、横田めぐみさんの御両親と同じマンションに住む住民有志が拉致被害者家族を支援するために結成した団体です。

 

「目次」に戻る

「特定失踪者」を含めたすべての拉致被害者救出を目指して!

「特定失踪者ご家族のメッセージ」を掲載しています。

県では、北朝鮮による拉致問題が風化することのないよう、国や政令市、関係団体の皆さんとともに、県民世論の喚起に取り組んでいます。

現在、17名が政府によって拉致被害者として認定されていますが、このほかにも拉致の疑いのある、いわゆる特定失踪者等の方々が数多くいます。

こうした特定失踪者を含めた拉致問題について更なる理解を深めていただくため、神奈川県にゆかりのある特定失踪者の情報提供を求めるチラシ、ポスターを作成し、啓発に取り組みます。

神奈川県にゆかりのある拉致被害者及び特定失踪者について

神奈川県にゆかりのある特定失踪者の情報提供を求めるチラシ(PDF:452KB)

「目次」に戻る

ブルーリボンの着用にご協力をお願いします

ブルーリボンとは

拉致被害者の救出を求める国民運動は、ブルーリボンと青色を運動のシンボルにしています。

ブルーリボン運動は、「誰もが北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を信じる意思表示」として、青いリボンを着けようという運動です。NGO「北朝鮮に拉致された日本人を救出する市民ネットワーク」の提案で始まり、「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」などでも取組が行われています。

青色は、被害者の祖国日本と北朝鮮を隔てる「日本海の青」を、また、被害者と御家族を唯一結んでいる「青い空」をイメージしています。

皆様もご賛同いただき、一刻も早く解決されることを願い、ご協力をお願いします。

ブルーリボンの作り方

形や大きさに、特に決まりはありません。以下を参考にしてください。

 

ブルーリボン参考サイズ

1.リボンを幅2.5cm、長さ8cm(まち1cmを含む)に切る。

2.先端を逆V字に切り込みを入れる。

3.まち部分を安全ピンに巻き込んでとめる。

ブルーリボンバッジの購入

「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」のホームページよりご購入いただけます。1個500円(2個以上から受付)しています。

「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」ホームページ(別ウィンドウで開きます)

ブルーリボンバッジ写真 ブルーリボンバッジ写真

「目次」に戻る

拉致問題解決に向けた取組

拉致問題啓発タペストリーの掲出

拉致問題の一層の周知啓発を図るため、横田めぐみさんの誕生日である10月5日から、あさがおの会が作成するタペストリーを県庁に掲出し、拉致被害者等の救出、拉致問題解決へ繋げていきたいと考えています。

※「あさがおの会」とは、横田めぐみさんの御両親と同じマンションに住む住民有志が拉致被害者家族を支援するために結成した団体です。

タペストリー設置場所

1 掲出期間
平成30年10月5日(金曜日)から横田めぐみさんの帰国まで
※帰国が叶わなかった場合は、当面令和5年3月31日(金曜日)まで

2 場所
神奈川県庁エネルギーセンター棟 2階フェンス
(横浜市中区日本大通1)

3 内容
タペストリー 縦1.5m×横9.4m×2枚

タペストリー1

タペストリー2

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

令和4年度の取組

横田めぐみさんとの再会のための「響」を開催しました。(終了しました。)

  • 日時 令和4年5月28日(土曜日)①14時から16時 ②18時から20時
  • 場所 カルッツ川崎 アクトスタジオ 
  • 内容 
    拉致被害者である横田めぐみさんの同級生の吉田直矢さんによるヴァイオリン演奏と、横田めぐみさんと家族の映像のコラボレーションコンサート
  • 主催 あさがおの会
  • 共催 神奈川県
  • 後援 川崎市

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。(PDF:1,160KB)

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

令和3年度の取組

「すべての拉致被害者救出を!」めぐみさんと家族の写真展を開催しました。(終了しました。)

 広く県民の皆さんに特定失踪者を含めた拉致問題への理解を深めていただくため、拉致被害者横田めぐみさん及び神奈川県にゆかりのある特定失踪者の方のパネル展示等を実施しました。たくさんの方に足を止めていただき、メッセージをいただきました。ありがとうございました。

日時:令和3年12月12日(日曜日) 12時30分から16時00分

場所:新都市プラザ(横浜駅東口地下2階そごう横浜店前広場)【地図[PDFファイル/242KB]

内容:

  • めぐみちゃんと家族のメッセージ~横田滋写真展
  • 神奈川県ゆかりの特定失踪者パネル展
  • 拉致問題に関する映像の上映
  • 拉致問題に関するチラシ、パンフレット等の配布

主催:神奈川県、横浜市

後援:川崎市、相模原市、北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会を開催しました(終了しました)

日時:令和3年11月18日(木曜日)14時00分から16時00分

場所:横浜市開港記念会館 講堂(横浜市中区本町1-6)

参加者:140名

主催:神奈川県、政府拉致問題対策本部

後援:あさがおの会

開催チラシ:案内チラシ(PDF:1,299KB)

問い合わせ先:神奈川県国際課(電話番号:045-285-0761)

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

「めぐみちゃんと家族のメッセージ」~横田滋写真展を開催しました(終了しました)

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
黒岩知事の来場の様子はこちらからご覧ください。(別ウィンドウで開きます)

日時:令和3年8月13日(金曜日)~8月19日(木曜日)11時00分から18時00分

場所:戸塚区民文化センター さくらプラザ

内容:

  • めぐみさんの成長の記録を中心とした写真パネルの展示
  • 神奈川県ゆかりの特定失踪者の写真パネルの展示
  • 拉致問題の経過を新聞記事で巡る記事パネルの展示 ほか

主催:あさがおの会

共催:神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市、朝日新聞社

後援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、川崎市教育委員会

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。(PDF:535KB)

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

懸垂幕の掲出(終了しました)

拉致問題の早期解決の願いを込め、「拉致問題の早期解決は、県民の心からの願いです。」という懸垂幕を掲出しました。

掲出期間:令和3年11月30日から12月28日

掲出場所:湘南地域県政総合センター

2021kensuimaku

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

過去の取組

過去の県の取組はこちらを御覧ください。

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

家族会・救う会による1000万署名運動について

署名にご協力いただける方は「救う会」のホームページに掲載してある用紙をご活用ください。

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

 県議会の対応

これまで採択された北朝鮮に関する意見書等は次のとおりです。

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

「拉致問題の解決を求める」行政から国への要望

県では、すでに県議会から内閣総理大臣ほかあてに県民の総意としての意見書が送付されている現状を鑑みて、さらに要望の効果が増すよう、全国知事会や北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会を通じ、全国の都道府県の総意としての要望を国に提出することとしています。

全国知事会を通じた要望 

平成26年7月16日「拉致問題の早期解決に関する緊急提言[PDFファイル/64KB]

北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会を通じた要望

※黒岩知事は平成30年7月27日付けで、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」の会長に就任いたしました。

令和4年1月14日「拉致問題の解決に関する要望書」(PDF:439KB)

令和2年12月21日「拉致問題の解決に関する要望書」(PDF:132KB)

令和2年7月21日「拉致問題の解決に関する要望書」(PDF:132KB)

平成31年2月14日「拉致問題の解決に関する要望書」(PDF:383KB)

平成30年7月27日「拉致問題の解決に関する要望書」(PDF:117KB)

「拉致問題解決に向けた取組等」に戻る

関連リンク

「目次」に戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 国際課です。