拉致問題を風化させない取組み

掲載日:2018年10月15日
  • ◆◇ 新 着 情 報 ◇◆

横田ご夫妻と黒岩知事との会談

映画「めぐみ」上映会における、
横田ご夫妻と黒岩知事との会談の様子

映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会(厚木会場)更新

拉致問題啓発タペストリーを県庁エネルギーセンター棟に掲出しました更新

映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会(横浜市会場)更新 申込みはこちら

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」による政府への要望

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」の会長就任について

 

拉致問題を風化させない取組み

  • 県では、北朝鮮当局による拉致事件が一刻も早く解決されることを願い、「拉致被害者・家族義援金委員会」が行う義援金募集活動などに協力を行うとともに、全国知事会などを通じ全国の都道府県の総意としての要望を国に提出するなど、拉致問題を風化させない取組みを行っています。
  • なお、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」(PDFファイル)が平成18年6月16日に成立、同年6月23日に公布・施行され、毎年12月10日から同月16日までが「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定められました。県では、こうした法律の施行も踏まえながら、引き続き拉致問題に関する県民世論が高まるよう努めてまいります。
  • 過去の県の取組はこちらを御覧ください。

拉致問題解決に向けて

平成30年度の取組み

平成29年度の取組み

「特定失踪者ご家族のメッセージ」を掲載しています ●家族会・救う会による1000万署名運動について 

解決に向けた取組み ●県議会の対応 ●「拉致問題の解決を求める」 ●行政から国への要望 ●関連リンク

川崎駅前での署名の訴え 桜木町駅での署名の呼びかけ
街頭での署名活動の様子(川崎駅前)

街頭での署名活動の様子(桜木町駅前)

平成30年度の取組み

映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会の開催について

 拉致問題への理解を一層深めていただくため、拉致問題を題材とした映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」を上映します。また、神奈川県にゆかりのある特定失踪者の方のパネル展示も合わせて実施します。

●厚木会場

 日時:平成30年12月1日(土曜日)10時00分から12時00分(開場 9時30分)
 場所:アミューあつぎ 9階 ホール112(厚木市中町2丁目12-15)
 定員:100名(入場無料、事前申込制)
 主催:神奈川県、政府拉致問題対策本部
 共催:厚木市市民局共同推進課
 後援:あさがおの会
 問い合わせ先:神奈川県県央地域県政総合センター総務部県民・防災課(電話番号:0465-32-1111)

 詳しくはこちらをご覧ください

●横浜市会場

 日時:平成30年10月29日(月曜日)18時00分から20時00分(上映開場は17時から入場できます) 15時からパネル展示(19時まで)、18時から映画上映会
 場所:横浜情報文化センター6階 情文ホール(横浜市中区日本大通11)※みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口 徒歩0分
 定員:230名(入場無料、事前申込制)
 主催:神奈川県、政府拉致問題対策本部
 後援:あさがおの会
 申込み:申込みフォームへの入力か、はがきに下記の事項を記入して、「〒231-8588 神奈川県国際課」(住所の記入は不要です)まで送付してください。
 (1)映画「めぐみ」上映会
 (2)申込者氏名(ふりがな)
 (3)郵便番号、住所、日中連絡がとれる電話番号
 (4)同伴者がいる場合は同伴者氏名(ふりがな)
 申込締切:平成30年10月23日(火曜日)必着
  ※定員(230名)を超えた場合は抽選を行い、外れた方にのみ、抽選結果をお知らせします。
  ※申込みに係る個人情報は、本上映会に関わる連絡以外の目的では使用しません。
 開催チラシ:案内チラシ(PDF:661KB)
 問い合わせ先:神奈川県国際課(電話番号:045-210-1111内線3744)

●湯河原町会場(終了しました)

 日時:平成30年10月14日(日曜日)15時00分から17時00分(開場 14時30分)
 場所:湯河原町立図書館 3階集会室(足柄下郡湯河原町土肥1-4-13)
 定員:100名(入場無料、事前申込制)
 主催:神奈川県、湯河原町、政府拉致問題対策本部
 後援:あさがおの会
 問い合わせ先:神奈川県県西地域県政総合センター県民課(電話番号:0465-32-8904(直通))

 詳しくはこちらをご覧ください

拉致問題啓発舞台劇「めぐみへの誓いー奪還ー」寒川町公演の観覧者募集について(終了しました)

横田めぐみさんが北朝鮮により拉致されてから40年以上が経過しました。本県在住の横田めぐみさんの両親をはじめ、拉致被害者等の御家族は御高齢になられ、一刻の猶予も許されない状況です。本公演は、県民の皆様が拉致問題への認識を深め、拉致問題の悲劇を心から理解していただく一助となるよう政府が企画したものであり、全国各地で実施されています。県では、拉致
問題を風化させないため、この舞台劇を開催し、「オール神奈川」で拉致問題の解決へ向けた取組みを進めていきます。多くの皆様の御来場をお待ちしております。

1 舞台劇の説明
 本舞台劇は、中学一年生だった横田めぐみさんが新潟の海岸で拉致された当時から現在に至る拉致問題の経緯、めぐみさんや田口八重子さんたち拉致被害者の北朝鮮での生活等を描いたものです。

2 日時・場所等
(1)日時:平成30年10月11日(木曜日)13時30分開場/14時00分開会/16時30分閉会(予定)
(2)場所:寒川町民センター ホール(神奈川県高座郡寒川町宮山165)
(3)定員:600名
(4)主催:政府拉致問題対策本部、神奈川県、寒川町
(5)後援:法務省、外務省、文部科学省

3 プログラム
(1)主催者等挨拶
(2)拉致問題の概要説明
(3)ミニコンサート「空と海の向こう」シンガーソングライター 山口采希
(4)舞台劇「めぐみへの誓いー奪還ー」上演
 上演:劇団夜想会
 出演:原田大二郎(横田滋 役)、石村とも子(横田早紀江 役)、北煬子(横田めぐみ 役)、半井小絵(田口八重子 役)他
(5)拉致問題啓発パネル展示

4 申込方法
(1)往復はがき、(2)電子メール、(3)ファックスのいずれかの方法により、寒川町 町民部 町民窓口課 町民相談担当までお申し込みください。入場は無料です。
詳細は、チラシ(PDF:430KB)の裏面を御覧ください。

拉致問題啓発タペストリーの掲出

拉致問題の一層の周知啓発を図るため、横田めぐみさんの誕生日である10月5日から、あさがおの会が作成するタペストリーを県庁に掲出し、拉致被害者等の救出、拉致問題解決へ繋げていきたいと考えています。

※「あさがおの会」とは、横田めぐみさんの御両親と同じマンションに住む住民有志が拉致被害者家族を支援するために結成した団体です。

タペストリー設置場所

1 掲出期間
平成30年10月5日(金曜日)から横田めぐみさんの帰国まで
※帰国が叶わなかった場合は、当面平成31年3月31日(日曜日)まで

2 場所
神奈川県庁エネルギーセンター棟 2階フェンス
(横浜市中区日本大通1)

3 内容
タペストリー 縦1.5m×横9.4m×2枚

タペストリー1

タペストリー2

 

平成29年度の取組み

映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会の開催について(終了しました)

過去の上映会の開催実績は、こちらを御覧ください。

「すべての拉致被害者救出を!」めぐみさんと家族の写真展を開催します(終了しました)

広く県民の皆さんに特定失踪者を含めた拉致問題への理解を深めていただくため、拉致被害者横田めぐみさん及び神奈川県にゆかりのある特定失踪者の方のパネル展示、拉致問題に関する映像の上映、吉田直矢さんミニコンサート、横田早紀江さんビデオメッセージ、特定失踪者ご家族の訴え等を実施しました。寒い中、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

  • 日 時:平成29年12月10日(日曜日) 13時30分から16時30分
  • 場 所:新都市プラザ(横浜駅東口地下2階そごう横浜店前広場)【地図[PDFファイル/242KB]
  • 主 催:神奈川県、横浜市
  • 後 援:川崎市、相模原市、北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会
  • 当日の模様:
    知事あいさつ 吉田さん演奏

懸垂幕の掲出

拉致問題の早期解決の願いを込め、「拉致問題の早期解決は、県民の心からの願いです。」という懸垂幕を掲出しました。

  • 掲出期間:平成29年12月1日から12月28日
  • 掲出場所:かながわ県民センター

懸垂幕

「特定失踪者」を含めたすべての拉致被害者救出を目指して!

「特定失踪者ご家族のメッセージ」を掲載しています。

県では、北朝鮮による拉致問題が風化することのないよう、国や政令市、関係団体の皆さんとともに、県民世論の喚起に取り組んでいます。

現在、17名が政府によって拉致被害者として認定されていますが、このほかにも拉致の疑いのある、いわゆる特定失踪者等の方々が数多くいます。

こうした特定失踪者を含めた拉致問題について更なる理解を深めていただくため、神奈川県にゆかりのある特定失踪者の情報提供を求めるチラシ、ポスターを作成し、啓発に取り組みます。

家族会・救う会による1000万署名運動について

署名にご協力いただける方は「救う会」のホームページに掲載してある用紙をご活用ください。http://www.sukuukai.jp/img/shomei2012.pdf

解決に向けた取組み

  • 北朝鮮人権侵害問題啓発週間を中心とした催し
  • 拉致被害者・家族義援金委員会が行う義援金募集活動への協力
  • 拉致問題に関する地方自治体ネットワークへの参加
  • 関係市との連絡会議の設置
  • 「拉致問題を考える講演会」・短編映画「ただいまの声を聞くために」上映会の開催
  • 「すべての拉致被害者救出を!」神奈川県民のつどいの開催
  • 国民大集会の開催
  • 支援団体への協力
  • 広報活動

 県議会の対応

これまで採択された北朝鮮に関する意見書は次のとおりです。

「拉致問題の解決を求める」行政から国への要望

県では、すでに県議会から内閣総理大臣ほかあてに県民の総意としての意見書が送付されている現状を鑑みて、さらに要望の効果が増すよう、全国知事会や北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会を通じ、全国の都道府県の総意としての要望を国に提出することとしています。

全国知事会を通じた要望 

平成26年7月16日「拉致問題の早期解決に関する緊急提言[PDFファイル/64KB]

北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会を通じた要望

※黒岩知事は平成30年7月27日付けで、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」の会長に就任いたしました。

平成30年7月27日「拉致問題の解決に関する要望書」

平成30年4月9日「拉致問題の解決に関する要望書」

平成29年4月14日「拉致問題の解決に向けた緊急要請」

平成28年4月1日「拉致問題の早期解決に関する要望書」

平成27年11月15日「拉致問題の早期解決について」

平成27年4月13日・7月8日「拉致問題の早期解決に関する要望書」

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。