拉致問題を風化させない取組み

掲載日:2018年5月16日
  • ◇ 新 着 情 報 ◇◆

横田ご夫妻と黒岩知事との会談

映画「めぐみ」上映会における、
横田ご夫妻と黒岩知事との会談の様子

「特定失踪者」を含めたすべての拉致被害者救出を目指して!

映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」の上映会について更新
※平成29年度は終了いたしました。たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。平成30年度の開催については、改めてお知らせいたします。


「すべての拉致被害者救出を!」めぐみさんと家族の写真展(平成29年12月10日)を開催しました!更新

 

拉致問題を風化させない取組み

  • 県では、北朝鮮当局による拉致事件が一刻も早く解決されることを願い、「拉致被害者・家族義援金委員会」が行う義援金募集活動などに協力を行うとともに、全国知事会などを通じ全国の都道府県の総意としての要望を国に提出するなど、拉致問題を風化させない取組みを行っています。
  • なお、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」(PDFファイル)が平成18年6月16日に成立、同年6月23日に公布・施行され、毎年12月10日から同月16日までが「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定められました。県では、こうした法律の施行も踏まえながら、引き続き拉致問題に関する県民世論が高まるよう努めてまいります。
  • 過去の県の取組はこちらを御覧ください。

 

拉致問題解決に向けて

平成29年度の取組み

「特定失踪者ご家族のメッセージ」を掲載しています家族会・救う会による1000万署名運動について

解決に向けた取組み県議会の対応「拉致問題の解決を求める」行政から国への要望

関連リンク

 

川崎駅前での署名の訴え桜木町駅での署名の呼びかけ
街頭での署名活動の様子(川崎駅前) 街頭での署名活動の様子(桜木町駅前)

 

平成29年度の取組み

映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会の開催について(終了しました)

拉致問題への理解を一層深めていただくため、拉致問題を題材とした映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」を上映します。また、神奈川県にゆかりのある特定失踪者の方のパネル展示も合わせて実施します。
※平成29年度は終了しました。平成30年度の開催については、改めてお知らせします。

横須賀市会場

  • 日 時:平成30年2月16日(金曜日) 18時00分から20時00分
  • 場 所:神奈川県立保健福祉大学講堂(横須賀市平成町1-10-1)
  • 定 員:200名(申込不要)
  • 主 催:神奈川県、政府拉致問題対策本部
  • 共 催:横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町
  • 問い合わせ先:神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター商工観光課
    電話046-823-0433(直通)
  • 詳しくは、こちらをご覧ください。

過去の上映会の開催実績は、こちらを御覧ください。

「すべての拉致被害者救出を!」めぐみさんと家族の写真展を開催します(終了しました)

広く県民の皆さんに特定失踪者を含めた拉致問題への理解を深めていただくため、拉致被害者横田めぐみさん及び神奈川県にゆかりのある特定失踪者の方のパネル展示、拉致問題に関する映像の上映、吉田直矢さんミニコンサート、横田早紀江さんビデオメッセージ、特定失踪者ご家族の訴え等を実施しました。寒い中、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

  • 日 時:平成29年12月10日(日曜日) 13時30分から16時30分
  • 場 所:新都市プラザ(横浜駅東口地下2階そごう横浜店前広場)【地図[PDFファイル/242KB]
  • 主 催:神奈川県、横浜市
  • 後 援:川崎市、相模原市、北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会
  • 当日の模様:
    知事あいさつ吉田さん演奏

懸垂幕の掲出

拉致問題の早期解決の願いを込め、「拉致問題の早期解決は、県民の心からの願いです。」という懸垂幕を掲出しました。

  • 掲出期間:平成29年12月1日から12月28日
  • 掲出場所:かながわ県民センター

懸垂幕

 

 

「特定失踪者」を含めたすべての拉致被害者救出を目指して!

「特定失踪者ご家族のメッセージ」を掲載しています。

県では、北朝鮮による拉致問題が風化することのないよう、国や政令市、関係団体の皆さんとともに、県民世論の喚起に取り組んでいます。

現在、17名が政府によって拉致被害者として認定されていますが、このほかにも拉致の疑いのある、いわゆる特定失踪者等の方々が数多くいます。

こうした特定失踪者を含めた拉致問題について更なる理解を深めていただくため、神奈川県にゆかりのある特定失踪者の情報提供を求めるチラシ、ポスターを作成し、啓発に取り組みます。

家族会・救う会による1000万署名運動について

署名にご協力いただける方は「救う会」のホームページに掲載してある用紙をご活用ください。http://www.sukuukai.jp/img/shomei2012.pdf

解決に向けた取組み

  • 北朝鮮人権侵害問題啓発週間を中心とした催し
  • 拉致被害者・家族義援金委員会が行う義援金募集活動への協力
  • 拉致問題に関する地方自治体ネットワークへの参加
  • 関係市との連絡会議の設置
  • 「拉致問題を考える講演会」・短編映画「ただいまの声を聞くために」上映会の開催
  • 「すべての拉致被害者救出を!」神奈川県民のつどいの開催
  • 国民大集会の開催
  • 支援団体への協力
  • 広報活動

 

 県議会の対応

これまで採択された北朝鮮に関する意見書は次のとおりです。

  

「拉致問題の解決を求める」行政から国への要望

県では、すでに県議会から内閣総理大臣ほかあてに県民の総意としての意見書が送付されている現状を鑑みて、さらに要望の効果が増すよう、全国知事会や北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会を通じ、全国の都道府県の総意としての要望を国に提出することとしています。

全国知事会を通じた要望 

平成26年7月16日「拉致問題の早期解決に関する緊急提言[PDFファイル/64KB]

北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会を通じた要望

平成29年4月14日「拉致問題の解決に向けた緊急要請」

平成28年4月1日「拉致問題の早期解決に関する要望書」

平成27年11月15日「拉致問題の早期解決について」

平成27年4月13日・7月8日「拉致問題の早期解決に関する要望書」

関連リンク

 

「すべての拉致被害者救出を!神奈川県民のつどい」(平成25年12月1日実施)の模様について

神奈川県庁本庁舎大会議場で行ったこの行事について、動画を配信しておりますので、御覧ください。
行事の概要については、こちらを御覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。