台風に警戒!台風による災害から身を守るためにできること

掲載日:2018年9月28日

新着情報

現在、情報はありません。

台風に警戒が必要です。これまで被害にあっていないからといって、今回も大丈夫とは限りません。「自分も災害の被害にあうかも知れない...」そう思って準備しておくことが必要です。

平成30年台風第24号は、非常に強い勢力で西日本に接近・上陸し、その後、急速に加速しながら東日本を縦断する恐れがあり、暴風、高波、高潮、大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。特に、暴風による転倒や飛来物等の被害、交通機関の乱れなどの恐れがありますので、不要不急な外出は避けましょう。

最新の台風情報

災害から身を守るために最優先ですべきこと

4つのポイント

危険箇所、避難場所、避難経路などを確認しましょう

「自分がいる場所にどんな危険があるか」「避難するとしたらどこへ、どんな経路で行けば安全か」を判断するために必要な情報を確認しましょう。

危険箇所、避難場所、避難経路などの確認に必要な情報

気象情報や避難情報などを確認しましょう

「実際に避難が必要か」「避難が必要ならそれはいつか」を判断するために必要な情報を確認しましょう。

気象情報や避難情報など

避難行動の方法を確認しましょう

「実際に避難が必要となった時に、どんな避難行動をとればいいのか」を判断すために適切な避難行動の方法を確認しましょう。

適切な避難行動の方法

早めに避難行動を開始しましょう

「自分だけは安全だ」「これまでも被害がなかったから、今回も大丈夫」と思わずに危険を感じたら行動することが大切です。避難行動を先に延ばすと避難経路の寸断などで、安全な場所に避難ができなくなることもありますので、早め早めに行動しましょう。

危険箇所、避難場所、避難経路などの確認

市町村の「ハザードマップ」で洪水や土砂災害などの危険箇所や避難場所、避難経路などを確認しましょう。また「ハザードマップ」の情報だけでなく、普段から周囲で危険と感じる場所に注意を払うことも大切です。

各種ハザードマップ掲載ページ

気象情報や避難情報等の確認

自分がいる場所の今後の雨量などの気象情報や、災害が発生する危険度の高まりを確認しましょう。

また、市町村が発令する避難勧告等にも注意しましょう。避難勧告等は「災害が発生し、または発生するおそれがある場合」に発令されます。

また、こうした情報だけで判断せずに、実際に危険を感じたら避難行動をとることが大切です。

気象情報が確認できるページ

災害発生の危険度の高まりが確認できるページ

市町村の避難勧告等の発令状況が確認できるページ

避難行動の方法

避難勧告等の段階に応じた行動イメージ

市町村の避難勧告等は「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」の3種類があります。以下、それぞれの段階ごとにとるべき行動を掲載しています。

避難準備・高齢者等避難開始

避難勧告や避難指示(緊急)を発令することが予測される場合

  • いつでも避難ができるよう準備をしましょう。身の危険を感じる人は、避難を開始しましょう。
  • 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児をお連れの方等)は避難を開始しましょう。
避難勧告

災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合

  • 避難場所へ避難しましょう。
  • 地下空間にいる人は、速やかに安全な場所に避難をしましょう。
避難指示(緊急)

災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合

  • この状況になる前に避難を完了しておきましょう。まだ避難をしていない場合は、直ちに避難をしましょう。
  • 外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。

注意:必ずしも「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」の順番で発令されるとは限りません。

状況に応じた避難行動

台風などにより河川の氾濫、土砂災害、高波等の被害が予想される場合。

安全な場所への移動

避難所や高台、土砂災害警戒区域外の知人の家などに移動します

安全な場所への移動のイラスト

近隣の高い建物等への移動

近くの頑丈な建物の2階以上や、高い建物のなるべく上階に移動します

近隣の高い建物等への移動のイラスト

屋内の安全な場所への避難

屋外への避難がかえって危険なときは崖とは反対側で、なるべく高い階の部屋などに避難します

屋内の安全な場所への避難のイラスト

このほかにも、非常時持ち出し品の準備など、備えをしておくべきことはたくさんあります。内閣府が作成した手引書「水害・土砂災害から家族と地域を守るには」(PDF形式:5.3MB)等を参考により確かな備えをしておきましょう。

台風情報(台風に関する神奈川県気象情報)

下のリンク先(気象庁HP)から、神奈川県の台風に関する最新の情報を確認できます。リンク先の「台風に関する神奈川県気象情報」をご確認ください。

府県気象情報">(気象庁)

その他参考情報リンク

日本道路交通情報センター

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。