玉縄桜-悲劇からの復活木  日比谷花壇大船フラワーセンター

掲載日:2020年3月11日

満開近くになった玉縄桜

2020年2月25日(火曜)

今年の冬は暖かいから、日比谷花壇大船フラワーセンターの玉縄桜の開花も早まったよ。2月下旬から3月中旬が見ごろの玉縄桜は、ボクが訪れた日にはもう満開近くだったんだ。お出かけを控えて見ることができなかった皆さんに、この日記を届けたいな。

うれしかったのは、昨年9月の台風15号で、根本から倒れてしまった玉縄桜の原木が復活したんだ!スタッフの皆さんが、根が乾かないようにシートで覆ったり、負担にならないように枝や葉を落としたりして世話をしたからだね。支えをつけて立て直した枝に、きれいな花を咲かせていたよ。

 2019年の台風15号で倒れた玉縄桜の原木

2019年の台風15号で倒れた玉縄桜の原木

復活した玉縄桜

復活した玉縄桜

玉縄桜の枝にとまったヒヨドリ

お祝いにきたヒヨドリさん

玉縄桜広場に行くと、淡いピンクの花をつけた若木が並んでたんだ。これから大きくなるのが楽しみだな。玉縄桜は、この場所の昔の名前「鎌倉郡玉縄村」からネーミングされたんだって。

玉縄桜は早咲きのソメイヨシノから育成された

早咲きのソメイヨシノから育成された玉縄桜

池の近くに咲く玉縄桜

池の近くにも咲いていたよ

玉縄桜広場

玉縄桜が楽しめる玉縄桜広場

広場からグリーンハウスに行こうとしたら、たくさんの菜の花が春の風にゆれていたよ。

菜の花

菜の花も咲いてる

菜の花畑からみた温室

黄色いじゅうたんみたいだ

菜の花とキンタロウ

来年はみんなを誘って来るんだ!

玉縄桜を動画で見る 

玉縄桜-悲劇からの復活木  日比谷花壇大船フラワーセンター(YouTubeへリンクします)

台風の悲劇から復活した玉縄桜の動画

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa