かながわキンタロウの藪入り道中 -神奈川観光特集-

掲載日:2018年9月13日

キンタロウジュニア、県庁から金時山へGo!

県庁から金時山へGo!

奉公先の県庁で日々執務に精を出すかながわキンタロウジュニア注釈1)。知事の温情により、季節外れの藪入り注釈2)。を許された。藪入りの朝、ふるさとの金時山へと続く3街道には、心躍らせる立ち寄り処が点在していた。キンタロウジュニアの行く先に待ち受けるものとは?

街道その1 神奈川の海辺をたどる金沢・相模湾岸ルート

歴史と芸術に触れ、潮と草花の香りに包まれる

(1)神奈川県庁(横浜市中区)ー(2)歴史博物館(横浜市中区)ー(3)金沢文庫(横浜市金沢区)ー(4)近代美術館 葉山(葉山町)ー(5)日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市)ー(6)花菜ガーデン(平塚市)ー(7)大磯城山公園(大磯町)ー(8)温泉地学研究所(小田原市)ー(9)生命の星・地球博物館(小田原市)ー(10)金時山(南足柄市、箱根町)

街道その2 神奈川のほぼ中央をぬける東西横断ルート

文学と歴史の愛好家を魅了。自然を楽しみ、エコ意識を高めるスポットも!

(1)神奈川県庁(横浜市中区)ー(2)神奈川近代文学館(横浜市中区)ー(3)埋蔵文化財センター(横浜市南区)ー(4)公文書館(横浜市旭区)ー(5)自然環境保全センター(厚木市七沢)ー(6)金時山(南足柄市、箱根町)

街道その3 西北西に進路を取れ!神奈川北廻りルート

サイエンスの魅力と自然の恵みに出会う旅路

(1)神奈川県庁(横浜市中区)ー(2)青少年センター(横浜市中区)ー(3)三ツ池公園(横浜市鶴見区)ー(4)川崎図書館(川崎市高津区)ー(5)東高根森林公園(川崎市宮前区)ー(6)やまなみ五湖(相模湖、奥相模湖、津久井湖、丹沢湖、宮ヶ瀬湖)ー(7)金時山(南足柄市、箱根町)

キンタロウシニア(着ぐるみ)とキンタロウジュニア(ぬいぐるみ)の対決

かながわキンタロウシニア、かながわキンタロウジュニア(左から)

注釈1

かながわキンタロウジュニアとは
出張が多いかながわキンタロウシニアのアシスタント役として、キンタロウシニアに翻弄されながら奮闘している。
シニアとジュニアの世代間抗争については、かなチャンTVの動画「生命の星・地球博物館に行くなら、みかんの山を越えてゆけ」で全貌をご視聴いただけます。

生命の星・地球博物館に行くなら、みかんの山を越えてゆけ(前編)

生命の星・地球博物館に行くなら、みかんの山を越えてゆけ(後編)

横浜の土産担ぎ県庁を出立するキンタロウジュニア

横浜土産を背に県庁を出立するキンタロウジュニア

注釈2

藪入り(やぶいり)とは
旧暦の正月(1月16日)とお盆(7月16日)前後に、丁稚や女中などの住み込みの奉公人が休暇をもらい、実家に帰ること。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる