菊の競演!神奈川県菊花大会を日比谷花壇大船フラワーセンターで観覧

掲載日:2019年11月7日

七本立盆養の展示(1本の苗から7本の枝を伸ばし、中央の花を高く、外側の花が低くなるように仕立てる)

2019年10月31日(木曜)

ボク、日比谷花壇大船フラワーセンターで11月17日(日曜)まで開催中の県内最大級の菊花展「神奈川県菊花大会」に行ってきたんだ!

特別競技花の厚物三本仕立盆養

菊花連盟が毎年テーマを変えて競う特別競技花。今年のテーマは、三本立盆養、厚物、白黄色以外

厚物 精興大臣 三本仕立

厚物(あつもの)。 花弁が重なり合う姿は圧巻だな

厚走り 大輪菊 国華聖者 三本仕立

厚走り(あつばしり)。花の下に走り弁が放射状に伸びるんだ

エントランスすぐの展示にある、1本の苗から7輪の大輪菊を咲かせた迫力満点の七本立盆養や、菊花連盟が毎年テーマを変えて競う特別競技花のゴージャスな紅色の菊に圧倒されちゃった。

管物 泉郷女傑 三本仕立

管物(くだもの)。管のような花弁が特徴だよ

管物 泉郷女傑 花芯の部分

管物。花びらの先っぽがの玉巻きになってる

一文字 三本立盆養

一文字(いちもんじ)。花びらの数が16枚前後の菊だよ

そして、もうひとつのエリアにある三本立の展示では、厚物や管物などの菊が整然と並んで、一幅の絵のような美しさだったんだ。幅広い花びらが水平に広がる一文字という菊もあったよ。

切花展示 大掴み(おおづかみ)

大掴み(おおづかみ)。ぎゅって掴んだような形をしてるね (切花展示は作品の入替有り)

神奈川県菊花大会 福助作りの展示

小さい背丈に大輪の花をのせた福助作り。ボクのプロポーションにソックリ

神奈川県 菊花大会 だるま作り

だるま作り。小型の三本仕立てだよ

ほかにも、切花展示や、小さくてかわいい福助作りや三本立だるま、新種目のジャンボ福助、花が鉢の下に垂れ下がる懸崖菊(けんがいぎく)など、菊花の世界を存分に楽しめたよ。見事な菊花が集まるこの祭典を、みんなにもぜひ鑑賞してほしいな。

菊人形のコスプレをするかながわキンタロウジュニア

ボクは菊にあやかって、菊人形の仮装で来たよ

神奈川県 菊花大会 懸崖菊

花をつけた枝が滝のように下がった懸崖菊(けんがいぎく)

神奈川県 菊花大会 特別展示 ドーム仕立て

特別展示。ドーム仕立てで作成されたパンダたち

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa