県立近代美術館 葉山「カイ・フランク」展 フィンランドのデザインで芸術の秋を堪能

県立近代美術館 葉山 [企画展] 日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク

カイ・フランク(1911-1989)は、「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれ、20世紀のデザインに多くの革新をもたらしたデザイナーです。本展は、フィンランド・ガラス博物館と、カイ・フランク本人から直接入手した多くのプロダクトを収蔵しているタウノ&リーサ・タルナ・コレクションから構成された、幾何学的造形に着目した国際巡回展です。

掲載日:2019年10月8日

2019年10月1日(火曜)

ボク、神奈川県立近代美術館 葉山で開催中の企画展「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」を見に行って来たんだ!

フィンランド出身のカイ・フランクは、20世紀に世界を舞台に活躍したデザイナーで、プレートや花瓶などの作品は日常生活で使われていたんだって。学芸員さんに、カイ・フランクが生み出した芸術について教えてもらったよ。

展示室には、幾何学的な形やきれいな色の作品がたくさん展示されていたな。年代別の展示では、作品の変遷をじっくり楽しめたんだ。そして、海を臨む展示室には、自然光のもとに作品が展示されていたから、これらの作品が使われていたときの風景を想像しながら鑑賞できたよ。

会期は12月25日(水曜日)まで。今度、会期中の日曜日に参加できる創作ワークショップ「十人十色のガラス色」に挑戦しようと思ってるんだ。

県立近代美術館葉山の企画展「カイ フランク」を観覧するキンタロウ
プロダクトのフォルムやデザインの美にうっとりしたよ

県立近代美術館葉山 カイ フランク クレムリン・ベル
《1500(KF500) クレムリン・ベル》 1957-68(1956)年 タウノ&リーサ・タルナ・コレクション

県立近代美術館葉山 カイ フランク プレート
プレート 1960年代半ば タウノ&リーサ・タルナ・コレクション

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa